ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

習慣の違いは直すのには時間が必要?

12月9日(木)天気」快晴 気温:24℃ 湿度:43%



はじめに、9月初めから11月末までラムチェ村のミナを

日本に送り、多くの方々のお世話になった事に対し、心

から感謝したい。

彼女は多くの日本の文化やマナーを勉強して帰国し、我

々の活動に役立ててくれるものと確信している。



彼女の渡航費用一切は、ミナと一緒に「旅」をしたある一人

の日本人支援者の寄付により実現した事をお伝えすると共

に、ミナの教育を望むものとしては、正に天からの授かり

物であったような気さえしている。

本当にありがたいことである。



さて、今回は我が家「銀杏旅館」に同居するパトネちゃん(現

在高校生)についてお伝えしたい。

彼は先日、日本から帰国したミナの弟で、今年SLCをファー

ストリビョンで終了し、現在はカトマンドウのカレッジにて就学

している。

朝は4時に起きて、洗面と着替えをしたら直ぐにサンガのゲ

ートまで下り、一番のバス(5:10発)でカトマンドウのナヤバ

ネソールにあるカレッジに通っている。

カレッジは朝6時からの始業であり、12時には終わる。

バス代は往復40Rsで、毎日私が渡している。

ここでは通学定期と言ったものは無く、全ての学生が「何時も

ニコニコ現金払い」である。

学生証を見せると3割ほど安くなる仕組みである。

そんな彼は、「銀杏旅館」で電気関係や家の修繕、その他買

い物をやってくれている。

ただ、ミナとは違い山の生活習慣のままで過ごしているため、

殆ど毎日のように「ここ銀杏旅館」でのマナーを教えているの

が現状である。

山(ラムチェ村)では、水は「垂れ流し」状態で使っているいる

ため、ここの水も同じように使う。

蛇口を閉める事を教えるのに約3ヶ月はかかった。

やっと一つである。

昨日も、私の部屋に彼の洗濯物があるので取りに来てくれ!

と言うと「ガスレンジ」をつけたまま私の元に来たので、「なぜ

ガスレンジを消してから来ないのか>」と聞くと、「お父さんが

呼んだから」と答える。

うかつに呼ぶことも出来ない。

村ではガスレンジなどは使った事も無く、仕方が無いことでは

あるが、教えないと危険であることには違いない。

キッチンにある食器や包丁スプーンなどは誰でも何でも使うか

ら始末が悪い。

例えばボールなどは土を入れたり、スプーンで土をいじくったり

する。

「全ては使えるもの」と考えている。

「食器類の使い分け」はしないのが、山での生活である。

今日もキッチンのコンクリートを雑巾で拭いていて、ホットケー

キを作るボールでその雑巾を洗っている所に出会わせた。

直ぐに「これは食べ物」を作るボールであり、雑巾を洗うのは別

の「バケツ」を使うようにしてくれ!と言うと、わざわざ遠いところ

にある物をどうして使うのか?

と質問が返ってくる始末。

だから、「ここでのマナー」であると教える以外、方法が無い。



ネパールの習慣: 農作業は共同作業でおこなう。

ここの田んぼや畑の仕事は、全て女性の仕事で家畜の作る有

機肥料の散布から苗や種芋さらには耕しなど全て「女性委員会」

での会議で作業の順番を決めはじめる。

農作業も「賑やか」なこと「賑やか」なこと。

歌を唄ったり、話をしたりで、とても楽しそうである。

もう一つは、ネパールのタマン族とチェットリ族の女性がしている

「鼻のピアス」である。

これは世界の女性がしているが?ここでは向かって右側本人に

とって左側に付けるのがルールである。

諸外国ではこれを反対側に(向かって左)に付けている方々がい

るが、これはネパールではあり

得ない。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 14:27:55|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トゥロパカル村(Ⅰ) | ホーム | トゥロパカル村支援の再開!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/93-89ba5265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード