ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「過去」とは、過ちが去る事である。

11月15(月)天気:雲の中後快晴 気温:17℃ 湿度:65%



今回は、人にはそれぞれにある「昔のあやまち」を何時までも引

きずる事無く、新しい明日に向かって生きよと「諭す:さとす」言葉

でもある。

「単に以前の行為を意味するのではない」と考えている。



ここでの活動では「多くの失敗」がある。

しかし、二度と同じ失敗を繰り返さないのが賢明だが、ここでは

同じ失敗が往々にして起こる。

なぜなら、同じ活動内容はあり得ない事から「村人との意思の

疎通」が最も大切な仕事であり、結果的に「同じ失敗」につなが

る。



人はそれぞれ、長い年月を生きてくれば「多くの失敗や過ち」

を経験してきたはずである。

それが、表題の「過去」である。

何時までも過去を「胸にしまい」生きる事は、前向きな生き方

ではない。

時として、忘れられない「失敗や過ち」もあろう。

しかしである。

忘れられる「失敗や過ち」なら、「忘れた方がいい」。

決して解決しないばかりか、精神的に疲れるだけである。

特に日本では。

私自身、ここでの失敗を何時までも悔やんでいては前に進め

ない。

極力「忘れるように」勤めている。

小さな「頭」に過去を一杯入れていたのでは、新しい事が入っ

てこられない。

だから、「忘れられるものは忘れて」毎日新しい事に向かって

行動する自分でいたい。

これはやはり、「個人の考え方に違いもあろうが」、忘れるよ

う「努力」する必要がある。

添付写真は我が家から見た「アンナプルナ連峰」である。

右からラムジュン・アンナⅡ・アンナ・アンナⅢ・マチャプチ

ャレ

など。



ネパールの習慣: 今回は習慣とはいささか異なるが、ここ

ネパールにおける「信号機」事情についてお知らせした。



今から約二十数年前にはじめて「信号機」が設置された。

カトマンドウとポカラの大きな交差点に数台の信号機が

設置された時には、一般の人々の注目の的でもあった。

何せ、目的が分っていない状態での設置に「イルミネーシ

ョン」ぐらいの感覚であったろうと推察する。

勿論日本のODAでの設置であるが、車の試験場でもこれ

らの説明は無く、街に大きな看板を作って、交通ルールや

道路標識などが表示されているにすぎない。

しかし、ここの人たちには正に「猫に小判」的な感覚であっ

た。

学校でも教えていない。

では、どこで勉強するのかと言えば「免許取得の試験の時」

である。これも免許の必要な人だけに教えるだけで、試験

には出てこない。

、車を持たない人たちには無縁のものである。(しかしロー

タリーは各所に見られる)

ここでの道路標識は極めて少なく、速度制限標識(多くは

20K制限)と学童横断道路など後は、道幅とカーブの表

示くらいで日本のように多くは無い。

こうした状況では信号機の認識が遅れても仕方の無いこ

とであろう。

だから信号が赤であろうと青であろうと車さえ来なければ

交差点を横切るのはあたりまえである。

しかしである。昨今の頻繁に起こる停電で、これらの信号

機の多くは全く動いていない。

従って交通整理の警察が何時も立っていて、朝夕の混

雑時は大変である。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 14:16:27|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トゥロパカル村支援の再開! | ホーム | 村に住むのに必要な人間関係は・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/91-3ce208cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード