ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

最後は自分で!

8月15日(金)天気:快晴 気温:24℃ 湿度:60%



☆ 生活習慣の違いに悩む・・・



騒音と雑踏・埃とゴミの山から逃れ、ここサンガに引っ越して二週間が経過した。

しかし、家具や衣類は納まったものの、何が何処に在るのか

全く分からない状態である。

妻が居てくれれば全てを任せられるのだが、それもならず。

手芸を習いに来ている「ビヌちゃんとレヌカカちゃん」では

日本式整理?が出来ない。

山のように衣類を重ねて、積み上げてしまう。勿論「しわくちゃ」の状態である。

スモールミナちゃんには少しばかり教えてあったので、彼女が私のスーツ類は整理してくれた。

肌着はパンツも靴下もシャツも一緒になってダンボールの箱に入っていた。

最悪なのは、まだ湿っているのに回収して重ねてある事である。

村ではそれで十分なのである。

なぜなら今直ぐに片付ける(洋服タンスなどに)訳ではないから。

夜、一人でこれの整理に追われていたが、スモールミナちゃんが覗いていて、

「私も手伝う」と言って私のたたんだ衣類を見ながらやってくれた。

そのミナちゃんも先日ラムチェ村に帰って行った。

(学校が始まるため)

ネパールでは、(特に村)衣類を入れる場所がない。

従って、軒下に重ねて掛けてあるのが普通である。

ダンボール箱に入れるだけでも、「良しと」しなければ。

これを書いている今も、小山に積み重なった衣類がすぐ横に置いてある。

「まあいいか」と諦める。


222_convert_20080816230516.jpg



土地の購入からアドバンスハウスの決定まで全てが「自分」である。

誰かに任せる事は出来ない。

多忙な毎日が続き、精神的にも体力的にも「へとへと」の状態でベッドに転がる。

すぐに「熟睡」。これは私の特技かな?

しかし、朝は決まって午前4時半には目が覚める。これは年のせいだと思う。

これ以上早く起きるときは「目覚まし」に頼る。

今月最終日から、いよいよ「銀杏旅館」の新築工事が始まる。

毎日のように現場に出向く事になるが、人海戦術で作る

「家」は結構楽しみでもある。

機械は全く使わない、文字通り「人の手」だけで積み上げていく外壁、

さらに木材も「くぎ」などを一切使わない。

見ていても面白い作業である。

この間にも「手芸教室」は続く。

9月終わりには2人の先生が誕生する予定である。

11月中旬には手芸教室をバラビシに開設し、

20~30人のラムチェ村やその他の村から女性を募り、スタートする。


111_convert_20080816230433.jpg



この時には彼女たちに「給料」を支払い(2500Rs/月)

4ヶ月ほど続けてもらう予定である。

一人でも多くの村人に覚えてもらい、現金収入の道が開ける事を願うばかりである。

9月2日に来られ、ラムチェ村に行って下さる学生さんの

受け入れ準備をしながら、新築工事・荷物の片付け・手芸教室を進める事は

ネパールの人には出来ない。

一つでもなかなか出来ないのに・・・・・・・



ちょっと愚痴になった感があるが、ご容赦願いたい。



今日は58Kgのジャガイモを1Kg10Rsで購入した。

580Rs=900円ほどである。(安い)





スポンサーサイト
  1. 2008/08/16(土) 23:11:15|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<形在る物は何時か砕ける | ホーム | 「ネパール通信」引っ越しは苦労の連続!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/9-5dbd090b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (319)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード