ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

電化製品は何でも修理する。

10月29日(金)天気:快晴 気温:22℃ 湿度:50%



ヒマラヤが見える絶好の季節が到来、だが国民には

何時もと同じ気候なのだが、私たち外国人?には本

当に嬉しい季節である。

今の季節は「稲刈り」に「田植え」もあり、結構忙しい

季節でもある。

ダサインが終わり、直ぐにティハールが来る。

今回お伝えしたのは、ここネパールでの生活の中で

私たち外国人にとって、電化製品は欠かせない。

テレビに冷蔵庫・電話・掃除機・洗濯機・水ポンプ・

CDラジカセさらには最も必要なパソコンとその周辺

機器・特にデジタリカメラなどであるが、もし故障すれ

ば直す他ない。

今も冷蔵庫を修理しているが、峠の街までは徒歩で

10分あまりの下り坂である。反対に峠からは登りに

なるがゆっくり歩いて12~15分程度である。

しかし街まで大きな電化製品を運ぶのは、結構やっ

かいであり、車を頼めば800Rsほどのお金が余分

に必要になる。

ここでは出前の修理屋さんが居て、自宅まで来て

修理してくれる。

多少の出張費用は仕方が無いが200Rs程度ある。

当然「ロウ付け」や専門の道具が必要になるが、全

て持参してきて直す。

この間、冷蔵庫は使えずバナナラッシーもしばらく

は作れない。

日本では電化製品の修理はかえって高くつくため、

買い換える事が多いが、やはり人件費の違いだけ

だろうか?



さて、ダサインとティハールの約1ヶ月間は私一人

での生活である。

なぜなら、ミナの弟や妹もこの祭りの期間はラムチ

ェ村での生活となるからである。

今の時期は「我が家:銀杏旅館」からの眺めは最高

である。

部屋からはアンナプルナ山群やヒマルチュリ・マナ

スルさらにガネッシュ三山・ランタンヒマールとドォリ

ュジェラクパ

にガウリシャンカールなどを見る事ができる。

毎朝牛乳を絞ってきて、我が家の前で集めて街に

もって行き

そこで「牛乳パック」にして販売する仕組みであるが、

家の前で買う新鮮な牛乳は1ℓ30Rsと格安である。

通常0.5ℓで25Rsほどである。

これが毎朝7時から7時半くらいまでに10軒ほどの

農家から80ℓを集める。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 14:09:23|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<村に住むのに必要な人間関係は・・ | ホーム | 「ネパール通信」物の値段は「欲しい人の気持ち」が決める>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/89-f71126a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード