ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

現状報告‏

8月18日(火) 天気:曇りのち快晴 気温:23℃ 湿度:62%



そろそろ雨期も終わろうとしているのか、連日強い日差しが照りつけて

いる、ここサンガである。(下界では結構曇りの日が多い)

マンゴーの季節も終わりに近く1Kg:115Rs(140円)もして

きた。

でもマンゴーラッシーは毎日欠かさず飲んでいる。

お陰で、胃腸の具合は絶好調である。

昨日チベットのお坊さん(先生)が訪ねてきて、「今、学生の勉強する

部屋を探している」と言って「銀杏旅館」を視察された。

学生とは多くの外国人で特にヨーロッパの方だそうである。

ここで、サンスクリット語を勉強し「経典を読んで理解する」のが目的

とのこと。

我が家の環境が気に入って、出来れば3~6ヶ月間部屋を借りたいと言

われ「我が家で役に立つのであれば、」といっておいた。

彼は翌日からカナダへ出かけ、生徒を5~6人連れてくると言って、帰

っていった。

何時から来られるのかは分からないが、歓迎したい。



さて、今回は一時帰国を前にしたネパールの現状をお伝えしたい。

総理大臣の選挙は再三延期となり、町ではさまざまな問題が起こってい

る。

例えば「ゴミ」の処理問題や飲み水の問題、さらには停電の問題など、

いつまでたっても解決していない。

今朝(8月17日)カトマンドウで見た光景は「何時もと変わらない」

ニューロード前の風景であるが、「正にゴミの山」である。

画像横にある「大きな鉄の箱」には悲しいかな「日本の援助」で配置さ

れたものである事が書かれている。(ゴミで汚れた日の丸の国旗まで書

かれている)

箱から溢れた「ごみの山」は道路にまではみ出し、そこで「売れるもの

を物色」している数人のネパール人を見ることができる。

彼らはインドで言うところの「アンタッチャブル」の人たちである。

こうした光景は、我々日本人には見るに忍びない。

自分が辱めを受けているようである。

使い方が分かっていない彼ら(ネパール人)には、「ただゴミを捨てる

場所」と言うことだけは分かっているとみえ、誰もが捨てに来る。

これは何処へ捨てられるのか?勿論「川」である。

でも今ではない。だから山になる。

今の川には水があり、流れもある。

雨が降れば下流に流されて行くが、下流と言っても数百キロ離れた「イ

ンド洋」である。

何ヶ月も、何年も掛けて辿り着くのであろう。

使い方を指導されたとは考えるが、一度や二度の指導ではこの状態であ

る。

常に言って聞かせなければ、元に戻ってしまうのがネパールマインドで

ある。

添付写真はニューロード前の「巨大ゴミ捨て場」である。

ちなみに、ニューロードとは日本の銀座に匹敵するメインの通りである。



ネパールの習慣: ネパールの人たちは、タクシーに乗る時必ず助手席に

座りたがる。

勿論シートベルトなるものはしない。運転手もしない。

個人の車でもシートベルトをする人は殆どいない。

ではなぜ助手席に座りたがるのかと言うと、「周りの景色が良いから」

と答える。

日本では反対に助手席は事故が起こった時に一番危険な席である事から

敬遠されるが、やはりここはネパールである。



では次回「ネパール通信」まで

7789.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/08/27(金) 20:55:50|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2067年のネパールをあとに・・・‏ | ホーム | 一年を省みる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/84-fc0411e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード