ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「ネパール通信」引っ越しは苦労の連続!

8月11日(月)天気:曇り:気温:24℃湿度:62%



☆6か月間の仮の宿へ

やっと、メールを配信出来る環境を整備した。と言っても

「無線ラン」でのメールのやりとりは、一人二人はできるが

多くの人たちに配信する事は不可能である。

一日にほんの少しの時間しか接続出来ない。

金額も携帯電話代と同じで、とても無制限にはやっていられない。

携帯電話のパソコン版と言ったところである。



「自然が多いと言う事は、文明から遠ざかる事に等しい。」



カトマンドウでは気楽にメールが出来たが、ここサンガ村では、なかなか接続する事が難しい。

と云うのも、ネットワークのラインが来ていないため「無線」を使用しての配信になる。

遠くから引っ張ってくると、とんでもなない金額が請求事になる。

多くは、電話回線を使ってのメールになるが、まだ電話線を

引いていないため「ネパール通信」の配信が遅れている。

近日中には電話回線を設置予定である。(大家さんの話)



従って「無線ラン」を使う事になったが、何せ初めての経験であることに加え

(接続がままならない)事が最大の難点である。

現在こうしてメールしているのは「インターネットの店」まで出かけて行き配信している。



引っ越しの最中にも「編み物教室」はやっている。

二人には早く覚えてもらい、多くの生徒に教えてほしいからである。

ラムチェ村の3人の協力で、4回ほど荷物を運び込んだが全く整理が出来ていない。

整理だけはやはり自分でやらないと何処に何があるのか全く分からなくなってしまう。



こうした中、九州の学生さんが6人ほどラムチェ村に来てくれる。

本当にありがたい事である。

子供たちも「首を長くして」待っている。

しかし、忙しい事この上ない。

雨季の最後になる9月は、日本でも秋の様相が伺えるが、ここでは紅葉なるものがない。

乾季の訪れを「ヒマラヤ」が教えてくれる。

素晴らしい展望が望めるのが、9月終わりから翌年の3月ごろまでである。

しかし、ネパールの人々にとっては日本の紅葉と同じように、

「当たり前」の景色である。

カトマンドウからバスで1時間ほどのここサンガは、カトマンドウ市内から東に一歩出た位置にある。

「緑と綺麗な空気と静かな村」と言った感じの環境。

左下にはバクタプル・正面には大きな「シバの像」が建てられている。

さらに右下にはバネパの町並みが望める絶好の場所。

時々「ゴザインクンド」の白い峰々が望めるのも雨季の終わりを示しているからだろう。

ここを基地にして、8月末から徒歩で数分の少し小高い場所に

新「銀杏旅館」を建設することになった。


サンガのアドバンス[2]..



来週には、ラムチェ村の子供たちに会いに出かける。

農繁期を終え、始まったばかりの学校で37人の子供たちが待っている。

では次回「ネパール通信」まで





スポンサーサイト
  1. 2008/08/13(水) 09:15:24|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後は自分で! | ホーム | ☆雨季は命の糧を育む!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/8-856e31ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (319)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード