ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

最も必要なものは何?‏

7月3日(土)天気:うす曇後快晴 気温:28℃ 湿度:50%



長い人生の中で最も大切な事は、学校でもなく会社でもなく「自分

を作り上げる」ことの出来る「友人関係や家族関係」ではないだろ

うか?

この人間関係が無ければ、それこそ「天涯孤独」の人生となりうる

ばかりか、寂しい人生になることは明白である。

つまり、人間関係こそ「一人の人間」を形成するのに最も重要な役

割を果たすと考える。



人間関係が乏しい人は「考え方」が貧しく、多くの人間関係を持つ

人は「豊かな」考え方が出来る人となろう。

しかし、この人間関係は簡単に出来るものではない。

相互に与え合う事の出来る人にのみ、この関係が出来るのである。

一方的な関係では決して出来ない。



私がここに住み始めて5年が経過したが、今まで培ってきた人間関

係を(会社生活時代の数人を残し)断ち切り、全く新たな人間関係

を作っている。

これは、会社に居る時には「仕事」や「趣味」を通じての関係であ

るのに対し、退職後は「自分磨きの活動」の中で出来つつある人間

関係である。



日本人をはじめベルギー・スペイン・デンマーク・アメリカ・ネパ

ール・イギリス・アメリカの方たち(勿論、全てがソーシャルワー

カーではない)との人間関係を築き始めている。



今まで日本で多くの人々から「多くを学ばせていただいた」事は、

私にとってきわめて大きな力であり、誇りでもある。



これからも、どんどん多くの人々との「よりよい人間関係」を作り

続けて行きたいものである。



退職を境に、人間関係が移り変わる事は当然である。



先日、私が信頼していたイギリスの男性が「詐欺」まがいの事件を

「ネパール」で起こし、国外追放になったが、彼からのメールによ

れば考え方の違いによって起こった問題との事。



ネパールでは外国の考え方が全く通用しない場合が多く、商用関係

の彼の仕事では結構頻繁にこうした問題が起こっている。



また、こんな騒動?も記憶している。

私の友人でもあるネパール人のラムさん(タメールで雑貨店を経営)

の店でのことである。

旅行でネパールに来たイギリス人男性が、ラムさんの店に入って来

て品物を物色中「突然」ラムさんに「このポーチは昨年、私の妻が

デザインした物だ!」と怒鳴るように言って、「全て撤去しろ」と

言い出した。



ご存知の方も多いと思うが、ここネパールでは多くのコピー製品が

出回っている。



さらに、ラムさんの売っているポーチは3年も前からのもので、決

してコピーではない。



しかし、有名なアディダスやプーマ・ノースフェースと言ったオリ

ジナルの店も並ぶ中でのコピー商品は数限りなく出回っている。

特に登山用品などは殆どがコピー商品であり、輸出まではしていな

い。



輸出するのは諸外国のオーダーで作り(服務デザイン)輸出しているのが

ほとんどである。従って、外国では普通でも、ここネパールでは異常な事

は幾つもある。



こうした国での生活に一番重要なのはやはり「住民との人間関係」

である。



ゆっくりとではあるが築いて行かねばならない。



ネパールの習慣: 「村人のさいふ?」

彼らはルンギと呼ばれる腰巻の「お腹の部分」に巾着(布製)を持っ

ていて、取り出すときには「ルンギを捲り上げて」取り出す。



巾着の中には精々200Rsぐらいが「くちゃくちゃ」の状態で押し

込んであり、外国のようにきちんとたたんで入れる習慣は全くない。



ミナにしても同様でお金を握り締めて「くしゃくしゃ」の状態でジー

パンのポケットに押し込んでいる。



添付写真はプラノバスパークでの果物屋で、今がシーズンのマンゴー

が1Kg(5~6個)25Rs:30円ほどで売られている。



スポンサーサイト
  1. 2010/07/05(月) 02:49:19|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何時、掛け値の無い自分になれるのか?‏ | ホーム | 自業自得?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/79-9f3bcf8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (319)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード