ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

自業自得?

6月23日(水)天気:霧後快晴 気温:23℃ 湿度:45%

久しぶりに「雲の中」の朝を迎えた。



今回は、ネパールにおける活動と生活(家を建てる過程を含む)

の中で「しまった!」と感じた事をお伝えしたい。



はじめに「お金の無駄」に関する「しまった!」からお伝えする。

活動でも生活でも「お金」は常に「自分で管理」することが常識

である。

しかしである。

単身赴任?の身では所詮限度があり、特に家を建てる時などは無

理である。

多くの資材購入や労働者の賃金さらに自分の食べる食材の購入な

ど「めちゃめちゃ」に忙しい。



そんな時の「お金」の管理である。

日本に居る時には全てが振り込みであり、妻が管理していたため

全く実感が無かったのが本音である。

ここに来て全てを自分で支払うようになり、電気・電話・食材費

・インターネット代に交通費・人件費(労働者)・建築資材など、

お金に羽が生えたように飛んでいく。

何時も頭の中で出て行ったお金より、残高の計算をしている始末。



最近は毎日、寝る前に電気の消し忘れや水道の蛇口を点検して回

るようになった。だが「眠い」。

なぜなら、ここまで頻繁に停電があるところでは深夜に通電があ

るため、前に点けていた電気がそのままになり通電と同時に点灯

するからである。(中には昼行灯もある)



水も1000ℓあると言っても、少しの水が漏れているだけで一

晩に200~300ℓの水が流れでてしまい、その補充はポンプ

で上げねばならないからである。

そのため通電時間に合わせて深夜起きなければならず、結構疲れ

る。

自分の事ながら、これが分かっただけでも「進歩」であると思っ

ている。

日本に帰った時には十分役に立つことであろう。

自分で選択した場所での活動であり、これこそ「自業自得」であ

る。



ネパールの習慣:以前ローカルバスでのテープが、凄い音量で流

される話をお知らせしたが、これはバスだけの事ではない。

家にいても同様で、CD&ラジオなどは音量を最大限にして鳴らす。

自分が外に出て行く場合にもラジオを消すことはしないから始末

に悪い。私が頼んで「もう少し音量を下げてくれ」と頼むまでは

「めちゃめちゃ」の音量である。

添付写真は建築中の「銀杏旅館」である。今は完成。


555555555555555555555555555.jpg

スポンサーサイト
  1. 2010/06/23(水) 18:42:13|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最も必要なものは何?‏ | ホーム | 「忘れる事は天が授けた」大切な能力?‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/78-0beb6dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード