ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「忘れる事は天が授けた」大切な能力?‏

6月13日(日)天気:朝雨のち快晴 気温:20℃ 湿度:60%



今回は、人間の一つの能力である「忘れる」事についてお伝え

したい。

人間は年と共に「物忘れ」が多くなると言われる。しかしこの

「忘れる」と言う能力?は人間にとっては大切な能力の一つで

あろう。

ここネパールでの活動をはじめて5年が経過した。

はじめは、騙されたり・騙されたり・騙されたりの連続で25年

間が過ぎたが、はじめの出来事(特に苦しかった事)は殆ど忘れ

楽しかった事のみ残っている。

だから懲りずに「支援活動」が出来るのであろう。

人の名前や場所の名前など「どうでも良いこと」はどんどん忘れて

いくのも事実である。

私もここネパールでは同様で、あまり関係の無い人の名前や場所の

名前は「忘れる」事が多い。

現在、「自立支援」のための仕事づくりでも辛い事や苦しい事などは

忘れがちである。

忘れないのは「子供たちの笑顔」だけである。

みなさんにお伝えしたいのは、この「忘れる」事の出来る能力である。

もし、過去の出来事が全て頭に入っていて、忘れる事ができなけれ

ば大変な苦痛を一生背負って生きなければならない。

神が授けた能力の内でも「天命を全うする」為には無くてはならない

能力である。

苦しみを「和らげる妙薬」でもある。

ただ、時間が必要な事は耐えなければならない。

自立支援活動もこの「雨季」の時期は活動できない。

なぜなら、村までの道のりがあまりに悪く、1日で辿り着けるような

時期まで待たねばならないからである。

途中に宿泊する村でもあればいいのだが、それもなく一時はテントを

持ってとも考えたがあまりに荷物が多くなり、そのためのポーターが

必要になる為断念。

まぁゆっくり進めるしかない。

ネパールの習慣: 習慣とは違うが、最近日本人の旅行者がスリの被害

に逢っている。

ここのスリはヨーロッパや他の東南アジアのスリとは違い、単純にリ

ュックのチャックを開いて抜き取るか、さもなくばポケットから直接

抜き取る方法が殆どである。

カトマンドウ市内を運行しているマイクロバスやトゥクトゥクと呼ば

れる三輪の乗り合い自動車は、「ぎゅうぎゅうに詰め込まれる」ため

決して大金(必要以上のお金)を持って乗らない事が懸命である。

かく言う私も過去に2~3度「やられた」経験がある。

ここでは、観光客の喜ぶお祭りが多く、沢山の人が集まる所では必ず

スリに会う事を想定して行動するべきである。



添付写真はポカリナランタンでの朝日である。



では次回「ネパール通信」まで





55555555.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/06/15(火) 18:42:46|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自業自得? | ホーム | 自立支援を妨げるものは何?‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/77-4c151a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード