ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

真実を追究することの是非‏

5月22日(土)天気:快晴 気温:24℃ 湿度:40%



ここでの生活に一番大切な事は「人間関係」である。

日本でも同じだが、意味が若干異なる。

なぜなら、我々の「やっていること」が理解されていない人

たちに、よりよい人間関係を求めても無理な話しである。

しかし、こちらからの好意的な対応により、少しずつではあ

るが改善されつつある。



今回のテーマは我が家「銀杏旅館」の建設中に起きた、さま

ざまな事件?の内、工具類をめぐる話をお知らせしたい。

購入したスコップやハンマーその他多くの建設に必要な工具

の紛失する事件?が度々発生した。



誰が、何時、どうしたかは分からない、しかし「真実」はある。

だが、時として「真実が正しい答え」とは限らない。

言い換えれば、「偽りの方が正しい答え」の場合が往々にある。

特に「人間関係」においては「偽りの方が多い世界」である。

会社組織は別であるが、時折「偽り」が正しい場合もある。

私の44年間の会社生活では、真実は時として「刃」にもな

り、相手を深く傷つける結果ともなり得た。

競争社会では日常茶飯事の事であるが、「自我丸出し」の争

いは醜いばかりか、自分も精神的に疲れるだけでなく、そん

な自分が嫌にさえなる。

「競争相手を蹴落とす」「自分に都合の悪い情報は流さない」

「他人(競争相手)の失敗を喜ぶ」などなど耳にするのも辛い。

もし、疲れない人がいればそれは「人」として何かが欠落し

ている人であろう。

私自身、「裸で付き合える事こそ、本当の友と成り得る」と

考えてきた。

本音の言える友こそ、自分にとって本当の友ではないだろうか。



ここでは、それが出来ない。

本音だけでの生活であるが、相手が理解できないし理解させ

られない「言葉の壁」がある。

英語でも満足に意思の疎通が出来ないのに、多くの民族の言

葉を使いこなすのは至難の業である。



もし、それが出来ればかなり楽に「人間関係」が確立できる。

2~3の人には英語で対応できるものの、なかなか本心を伝

える事は難しい。(表面はこうだけど本当は、と言うような表現)

本人の知らぬ間に道具を勝手に持っていく。

知らずにいれば何時までも返さない。

中には、「これは買った」と言うものまで出てきた。

建設に従事した者たちが、勝手に売ってしまったと言う事に

やっと気付いた。

怒れば村へ帰ってしまう。

そうなれば、またまた建設が遅れる。

「ムカムカ」っとなるのを「ぐっと」こらえて「今必要な数

はあるのか?」と聞くと「ティキツァ:問題ない」との応え。

「ほっと」する。

しばらくして、「スッコップとツルハシが各2本ずつ居るか

ら買ってきてほしい」との事。

直ぐ前に「問題ない」との応えは、5分後に無残にも打ち砕

かれた。

各6本買ってあったが3本ずつしかない。

スコップだけではない、他の工具も同様に初めに買った数の

半分くらになっていた。

2年がかりでの建設中に、約2倍の工具を買った事になった。

こうした事が、殆ど毎日のように発生する。

「新米の現場監督?は」結構疲れる。

「誰が売ったとか幾らで売った?」などは聞くまでも無く、

話す作業者は居ない。

買う方も、買う方である。

誰の物か知っていて買うのだから始末が悪い。

しかし、「これで良いはずはない!」

ミナに誰が幾らで売ったのか聞いてみたが、「聞かない方

がいい」と止められた。

?????????・・・・・・・

真実はある。だが・・

ここで真実を探求する事は出来るが、それが何になるのか?

分かったところで「どうにもならない」事は明白である。

犯人を解雇出来るのか?(複数人いるらしい)

工事が出来なくなるだけである。

自分の管理不行き届きを、悔やむだけである。

「くっそ」と「こらえる」。

そのためにどれだけの「がまん」が必要か、計り知れない。

日本であればとっくに「切れている」ところである。

しかし、ここはネパール。

切れれば「全てが終わり」である。

「忍耐と寛容」の二文字が脳裏を駆け巡る。

「ぐちゃぐちゃ」になった頭を抱える日が続く。

それでも「支援を続ける」・・・・・・・・・

ここはネパール

ここはネパール

ここはネパール

それだけである。

ネパールの習慣: 寝る時の衣類は昼間と同じ・・

ここネパールの山岳民族の間では、農作業や家づくりを

した後、衣類を着替えることはない。

そのまま「ふとん」の中に潜り込んで寝る。

朝はそのまま起きだして、洗面や髪を洗う。



しかし、こうした習慣が風邪を引きやすくしている事も

事実である。

一旦「風邪」を引くとなかなか治らない。

少し良くなったら直ぐに外へ出てゲームや話に夢中になる。

最低、上着やズボンは脱いでから「ふとん」に入るよう

にすればいいのにと思うが、なかなか直らない。

この習慣はシンドバルチョーク地方だけは確認しているが

他では反対に全ての衣類(冬でもパンツとシャツ)を脱ぐ

地域(ランタン地方)もある。

日本で言う「寝間着」とか「パジャマ」のたぐいはない。



スポンサーサイト
  1. 2010/05/22(土) 18:58:05|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自立支援を妨げるものは何?‏ | ホーム | ネパールバンダは国を変えられるのか?‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/75-ac2e75a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード