ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ある一日‏

3月31日(水)天気:快晴 気温:23℃ 湿度:20%(めちゃめちゃの乾燥)



雨季を前に、気候がバランスをとるための準備をしてい

るのか、乾燥時期があると思えば「嵐のような天気」も

あり、結構頻繁に変化している。



今回は私がここサンガ村で、如何に生活しているのかを

一日の時間を追ってお知らせしたい。

旅行者の目には入らない、多くのネパールの習慣や儀式

と普通の暮らしをしながら見つめてみた。

そのために、まずどんな一日なのかを紹介する。



日本とは気候や文化・風土の異なるネパールでは、日本

の考え方を持ち込んで生活する事は極めて困難であるば

かりでなく、「人間関係の悪化」につながる。

従ってネパールの考え方で生活する方が簡単である。

例えば、

朝食時間は朝7:00に紅茶を飲み一日が始まる。

10時ごろ本来の朝食をとるのだが、しっかりと「ご飯」

を食べる。(丼2杯分ほど)おかずはサックと言う「葉野

菜とじゃがいも」を香辛料で炒めたたり、煮たもの。

これだけである。

昼食は1時ごろに食べるが軽く摘む程度で多くは食べない。

夕食の前に3時ごろカザと言って中間食を食べる。

これは、お茶とチュラと言う「お米をつぶしたもの」日

本の麦のようなものだが、お米を半煮え状態でつぶして

乾燥したものである。

これを、丼に一杯入れ紅茶を混ぜて食べる(いわゆるお

茶漬けである)。

夕食はやはり「ご飯を丼2杯分」とじゃがいも・サーク

と言う葉野菜・マショーラと言う「おからを丸めて乾燥」

したものを一緒に煮てウコンや唐辛子に油を使い「米の

とぎ汁」を入れて野菜の料理を作る。

これが結構旨い。

これが1年中続く、1週間に1度くらいのペースで肉

(鳥・山羊・水牛)を食べるが、野菜料理と一緒には料

理しない。単品で油いためにして香辛料をいれ作る。

これが普通の料理であるが、特別な日にも殆ど変わらな

い。

畑仕事や男性の仕事はこの合間にやることになる。



さて私の一日であるが、

朝6:30起床し洗面の後誰かが作ってくれた「紅茶」

(黒胡椒)入りの紅茶は朝目覚めの悪い時には抜群の効果

で「目がぱっちり」する。

時折、近所の農家から絞りたての牛乳を持って来てくれる

ので、ロイヤルミルクテーにする。

その後30分ほど「木刀」にて素振りをして「パソコン」

を開く。

メールの確認と「ネパール通信」の原稿作成など。

10時ごろ軽い食事(パンや紅茶・コーヒー)を食べて

「寛ぎの時間」である。

屋上の椅子に腰掛けて日陰で「ゆっくり景色」を楽しむ。

日のあたる場所は「とっても暑い」。(11~2月は日差し

が暖かい)

600mほど離れた向こう側の家々からは、子供や親たち

の元気な話し声が聞こえてくる。

目の前の小さな木には「幸せの青い鳥」のような真っ青な

小鳥・「火の鳥」のような真っ赤な小鳥・黄緑色の「岡目

インコ」・その他名も知らない綺麗な小鳥たち・時折、カ

ッコウの鳴き声も聞きながらランタンヒマラヤやマナスル

・ ガネッシュ・ドルジェラクパ・ガウリシャンカールなど

・ の8000m級の山々、近くには最近インド人が建設し

・ たシバ神の巨像とそのリゾートなどを見ながら「時間」

・ を気にする事無く、時の流れを楽しむ。

12時過ぎに昼の食事を考え、キッチンへ向かうが同居人

のミナのお父さんの意向を聞く。(この時期ミナは村へ帰っ

ている:4月中旬にはここに戻ってくる)

30~40分で食事の準備完了。

二人で食事をして後片付けは、ミナのお父さんの仕事である。

この時期(夏を迎える時期)には我が家から、サンライズと

サンセットが見られる。

冬に比べると、朝日もずいぶん北側から昇るようになった。

野菜の過不足を確認し、不足分を補うがサンガ(国道)まで

7分ほど掛けて下る。

午後4時ごろから夕食の準備に入る。

私が作る場合には殆どが日本食で、たまにイタリアン(スパ

ッゲェッテー)であったり、チベッタンの食事になるも、

ミナのお父さんは初めて食べる食事でも文句はない。(結構旨

いのであろう)私が思っているだけかも知れないが?

夕方6時ごろには夕食をはじめ、7時には各部屋で(私は2階

ミナのお父さんは1階)でテレビを見たり、DVDを見たり・

CDを聞いたりしながら過ごす。

ミナのお父さんは午後8時には500ℓのタンクに水を入れに行

き、電気の来ている時刻に1000ℓのタンクに送る仕事を毎日

している。

夜9時を過ぎたころにはベッドに入り、ミナのお父さんに「おや

すみなさい」と言って眠る。

こんな1日が続くが、買い物には殆ど私が行く。なぜならミナ

のお父さんは家造りの仕事があり、行かれると仕事が止まって

しまうからであり、現金を持たせる事への不安からである。(彼

は文字が読めないし書けない)

買い物は、セメント・砂・レンガ・トタン板・パイプ類など数限

りなくあるが、1週間の内2日程度で、後は「のんびり」と屋上

で「読書」をしているか、昼寝をしている事が多い。

もちろん、ゲストが来た時は別である。



ネパールの習慣:ネパールの山村の家では、家の中の一階は「赤土」

で塗られた「土間?」になっているが、ここは彼らにとっては「居

間」である。

従って「土足厳禁」である。

知らない私は山靴で「どかどか」入り込んで囲炉裏で座っていたが

ある時、全員がスリッパを履いていない事に気付きミナに質問した

ところ分かった次第である。



添付写真は朝日に輝く「ランタンヒマール」である。我が家から撮影



11111111111111111111111111111111.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 21:41:44|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<情けは人のためならず。‏ | ホーム | 「人の欲」ってなぜ無くならないのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/70-20767fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード