ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

☆雨季は命の糧を育む!

7月30日(水)天気:曇り 気温:24℃ 湿度:65%



今日は、みなさんに雨季のラムチェ村とその一部である、ジュレ集落をご紹介したい。

(場所はバラビシから7分ほど手前の集落で、メインロード沿いの村である。)

7月の終わりに山に登り、(マンゴーの手土産を持ち)ラムチェ村の子供達に会いに出かけた。

レインコートと傘を準備し、午前6時に出発

「連日の交通機関のストライキ」の合間をぬっての行動である。

(帰路はストライキにはまり、散々な思いで帰宅する結果となった。)



一面「緑」の段々畑は、どこもいっぱいの水を湛えて娘さんたちの歌声も聞こえ、

登り坂の苦しさを吹き飛ばしてくれる。

学校はまだ休みで、畑仕事が子供達の仕事である。

GetAttachment_convert_20080730110459.jpg

DSCF9659_convert_20080730110311.jpg


今回はスモールミナちゃんの家に宿泊。

連日の雨であったが、私が登る時は強い日差しの中をいっぱいの

「汗」をかきながら登った。

着くと直ぐに子供たちが「マラ」(花の首飾り)を持って集まってきた。

10~15人ほどであるが、全部の子供から貰うと私の「顔」が隠れてしまう。

途中で一旦横に置いてから次の子供のマラを受ける。

子供たちは、そのまま夕食時まで私と遊んで帰って行った。

スモールミナちゃんの家に着くころには、「曇りから雨」に変わり、

夕方には強い雨に、しかしこの雨のお陰で夜は「涼しい」中で寝ることがでる。

夕食はネパール料理(ダルバート)であったが、何時もとは少し違い、

「ゴマ」を使った「アチャール」(少し辛い漬物?)が出てきた。

これが結構旨い!

食欲をそそる食べ物である。

夜には来るはずの電気は、先日の豪雨でトランスを支えていた電信棒が倒れて破損、

男性10人が青竹で担ぎ、カトマンドウまで修理に出された。

来週末には治ってくるそうであるが、極めて疑問である。

なぜなら、連日のストライキで交通手段が麻痺している中の修理は難しいと云わざるを得ない。

翌日には、ジュレ村のビヌさん宅へ行き、貧しい子供達へ衣類を贈る事になっている。

(子供はビヌちゃんが集める事になっていた)

DSCF9711_convert_20080730110412.jpg



午前11時にラムチェ村を出発、途中校長先生の家に寄り

「チキンプロジェクト」の経過と進捗状況(考え方を、どれだけの村人が変えたのか)を聞き、

13時にはバスに乗った。

まだ、半数以上が以前のままとの事。(変わっていない)

ジュレ村ではビヌちゃんが「首を長くして」待っていた。

前日の電話では11時には彼女の家に着く予定であったからである。


私とスモールミナちゃんが村に着いた時には20人ほどの子供達が彼女の家に集まっていた。

一列に並んでもらい、スモールミナ・ビヌちゃんが順番にサイズをチェックしながら配布していった。

終了後「「全員で記念撮影」。

スモールミナとビヌちゃんは政府の仕事をやっていて、共に良く

働く素晴らしい考え方の女性である。

昨日(29日)、我が家に来てもらい(15歳のレヌカちゃんも一緒)

タメルのラムさんにお願いして「編み物」の先生の派遣を依頼。

我が家での、2ヶ月間の講習の後バラビシにて部屋を借り、

教室を開く予定である。(もちろん無料で)

この時には現在の2人(ビヌ・レヌカちゃん)が先生となり20~30人の女性に教える事になる。

DSCF9719_convert_20080730110436.jpg




製品はラムさんが引き取り、各地で販売。(日本にも)

ラムチェ村の女性が自分で「現金収入」が得られる道を

「手探り」の状態ではあるが、進める事で彼らの考え方を変えられればとの考えからスタートした。



必要経費は、生活費を私が講師代はラムさんが負担する事で進めた。

今回は簡単な現状報告になったが、「やる気・根気・勇気」を持って粘り強く進めたい。



では次回「ネパール通信」まで



追伸:「銀杏旅館」を新築するため「ネパール通信」が遅れる事が

しばしばあるが、ご容赦願いたい。

DSCF9692_convert_20080730110348.jpg


スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 10:32:12|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ネパール通信」引っ越しは苦労の連続! | ホーム | 捨てたものは何・・・・・?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/7-15ecd57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード