ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

物事の「明暗を分ける」とは‏

2月19日(金)天気快晴 気温:19℃湿度:55%



今回は、長い人生では多くの明暗を分ける場面

に遭遇するが、その時の考え方についてお伝え

したい。

その時には「しまった!」と感じても、数日後

・数週間後・数年後「あれで良かった」と思う

時が往々にしてあるものである。

人の生死や病は別にして、生きる過程における

「明暗」は結局その人の望み続けた方向へ向い

ていくのが多い。



しかし、直感で方向を決めて進む人も多いのは

事実である。

結果は同じであるが、考えた末に出した結論は

時間が問題となる。

期を逸すると「何もしない・動かない・働かな

い」のと同じになってしまう。

私はここでの「家作り」で毎日のように実感し

ている。

言葉が通じない人たちとの「コミュニケーショ

ン?」を如何に取るかが至難の業である。



先般も、いつも「たばこをくれないか?」と言

うミナのお父さんに、何時もの

好意から「たばこを1本くれ」と言われて「た

ばこ」を10箱渡した。

10箱と言っても210円である。

(1箱:20Rs:21円)

すると、何を勘違いしたのか「私がは怒ってい

る」と判断して「明日は村に帰る」と言い出し

た。

これには「まいった」そして「しまった」お父

さんを怒らせてしまった。

帰ると言う「ミナのお父さん」をなだめるのに

1時間近く掛かった。



しかし、これを期にミナのお父さんは「たばこ

と酒」を止める事を決意。

まだ3週間ではあるが禁酒禁煙は続いている。

ミナによれば「これは良いことだ」との事。



また、昨日カトマンドウからの帰りに見た事故

は、大きなダンプカーと単車の事故であるが、

単車のドライバーと同乗者は即死。



(ここネパールでは毎日のように事故があり、

車が横転したり立ち往生した車を目にする)



単車はダンプカーのお腹の下に入っていて、

とても見られた情況ではなかった。

このドライバーは私と顔見知りで、この事故に

遭う1時間ほど前にタメールのレストランで一

緒に食事をした直後、彼は友人と会い共に単車

でバネパへ帰る時の事故であった。



もし、友人と会わなければ・もし、私ともう少

し長く一緒に居れば「この事故には遭わなかっ

た」かも?と考えると「人生は、何処に死が待

っているのか分からない」現実から逃れる事は

出来ないと実感した。



従って、悔いのない人生をすべきと再確認した

次第である。



ネパールの習慣:「つば」を吐き・「手鼻」をかむ

この習慣は老若男女を問わず、何処でも行う。

山岳民族のミナも同様で、この前などはタクシー

の中で「つば」を吐いたため運転手に怒られる

始末である。

オリンピックの始まる前の中国でも同様であった

が、開催中は守られていてもオリンピックが終わ

ればまた元のように戻っている。

我が家でも多くの職人が出入りして、彼らが吐く

「つば」は家を作っている時は仕方ないと諦めて

いるが、完成してもミナの家族がこの習慣を直せ

るかどうか極めて疑問である。

添付写真は、ゆっくり進む「家造り」の様子(ゲートの取り付け)


15656.jpg

スポンサーサイト
  1. 2010/02/21(日) 02:28:50|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だます・脅す・盗む。これが生きる術なのか?‏ | ホーム | お知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/66-e82d3371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード