ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

再びネパールマインドの壁‏

1月22日(金))天気:快晴 気温:18℃ 湿度:45%

今回は、多くのみなさんに運んでいただいている「子供の衣類」

や「文房具」についてお伝えしたい。



日本で程度のいい古着(子供用)を集めるのは、多くのみなさん

のご協力で結構収集できている。

しかし、この衣類は輸出となると大金が必要で船便では衣類が駄目

になり飛行機に頼っている。

現実には、こちらに来られるみなさんに一人5Kgの衣類を日本の

我が家からみなさんの家に郵送し、20Kg(運べる限度)の中に

入れていただいき運んでもらっている。

拠出してくださった方々の思いもあり、取り扱いにも十分注意して

いるのが実情である。



以前(2年前)、ベルギーとオデンマークへ訪れた際、多くの衣類や

玩具をいただき、帰国時ブリュッセルは通過したがフランクフルト

で荷物をチェックされ、17Kgオーバーチャージを請求され交渉の

結果10Kgを支払う事で通してもらった。しかしこのオーバーチャ

ージは1Kg:37ユーロで370ユーロと言う大金を支払い運んで

来た経緯がある。

「拠出者の思い」は、お金には代えられないと判断したからである。



日本やベルギーの人々から預かった「大切な衣類」は確実にネパール

の貧困家庭の子供たちに届けるのが「私の仕事」でもある。

しかし、我が家に来るネパール人は自分の子供に与えるため欲しがる。

私は「がん」として受け付けない姿勢で接している。

すると、2日もすれば「ケッロ」として、また別な話でやってくる。

彼らにしたら、「話して貰えれば幸い」ぐらいの話である。

こんな話は毎日のようにやってくるから始末に悪い。

私のアシスタントでもあるミナにしても同じで、親戚の女性が訪れた時

には勝手に「貴重な衣類」を配りはじめる始末である。

何回も注意し、この物資の目的を説明するのだが、なかなか理解しない。

「今使う人がいるのに、どうして保管だけしておくのか?」と言った

疑問である。



現在の「衣類」はトゥロパカルの子供たちに配る予定の物資である。

衣類に限らず文房具も多く運んでもらっている。(日本から来る支援者に)

特にノートなどは重たくて多くは持ってこられないのが現実である。

さらに、今のネパールは王政が倒れて以来各政党の争いが頻繁にあり

何時ストライキが発生してもおかしくない状態にある。

従って、ここの旅行は極めて困難と言わざるを得ない。



もし、ネパール国内に受け入れ人のいない場合には、空港から町までの

車からして問題が出てくる。



ここに暮す人にとっては多くのストライキも、さして問題にはならないが、

はじめて来る旅行者は決められた日程で動く必要があり、とても一人での

移動は不可能と言っても過言ではないほど乱れている。

日本から見れば、「大変な国?」との思いを拭えないが、ここに住む人には

日常茶飯事の出来事であり、たまにはストライキもいいものである。

なぜなら、国道には車が走らないことから埃がたたないばかりか、静かで

ある。

子供たちは国道でクリケットやフットボールに興じている光景は、バンダ

もいいなぁ~と思えてくるから不思議である。

埃はたたないし、騒音もない。

静かな生活がこの時(バンダ)にはある。

山はどこまでも続き、白き峰々を見せている。

こんな景色は「お金」には換えがたい。

時間も然りである。

ただ「のんびり」と過ごす時間は「頭の整理」にも役立つし、何も考えない

時間も疲れた頭には有効である。

忙しい日本での生活に慣れているみなさんにとって、「のんびり」とした時間

は精々、テレビかラジオを聴いている時間であろう。

幾重にも重なる山並みの向こうにヒマラヤを臨み、青空の下で「お茶」をする

時間こそ、本当の贅沢かもしれない。

寒い日本とは大きく異なり、穏やかな緑と山々に囲まれ燦燦と降りそそぐ太陽の

暖かさを感じながらの生活は、生きている実感を与えてくれる。



ネパールの習慣:ここの女性の多くは(特に山岳民族)ルンギと言われ

る綺麗な柄の腰巻の下には粗末な綿のサリーを腰に巻いているだけで、

パンティーを履かない。バスに乗っていて途中の山の中で「トイレ休憩」

があれば「しゃがむ」だけで、用を足す。日本でも明治の初めごろまでは

同じであった。

添付写真はバンダ(ストライキ)の時の国道である。


12312313213.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/01/23(土) 00:49:50|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新たな支援村(トゥロパカル) | ホーム | 事務局長のネパール見たまま‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/63-d0a92fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード