ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ジョムソン街道の環境変化‏

11月25日(水)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:50%



前々回の通信で、ここジョムソン街道の環境破壊について触れ

たが、今回は具体的な変化と街道沿いの環境変化についてお伝

えしたい。

昨年までのこの街道は全て「歩き」の街道で、ドンキーや羊・

山羊の往来が懐かしい気のする道である。

ムクチナートからゆっくり歩いても3日目には到着するタトパ

ニは、今やバスの中継点となり、昼食場所となっている。

中継点としてのタトパニはまだ良いほうで、休憩場所を道路沿い

(河原)に作り、客の来るのを待っている。

(多くのロッジは10mほど上の道沿いにある)

しかし、まだまだこのバス道開通の情報が行き届いていないた

め多くのトレッカーが行き来する。

中には、このバス路線に講義するトレッカーも居るときくが、

大半は甘んじてこの現実を受け入れ、「土埃」の道を歩いてく

る。

道は舗装工事をしていないため、雨季には多分大きく破壊され

た道が出来ると考えるが、今はそんなことを考える人は(ネパ

ール人)いない。

車の公害は排気ガスに留まらず、多くの土埃を撒き散らしてく

るため、道路の両側の植物や家は「真っ白」になる。

ただ、排気ガスについては1日に数十台のバスや単車やジープ

などが通るのみで、大きな被害などは無いと考える。

でも土埃は大変である。

それでなくても、毎日午後からは強い川下からの風で土埃が舞

い、その上車がさらに舞い上げる働きをする。

緑多い季節などには無残な光景(土埃に汚れた草木)を目にす

ることになる。

多くの村はこの道路による恩恵を受けられず、ただの通過する

村になってしまった。

一部の村では事前に大きなロッジを建て始め、開通に間に合わ

せて開業している多くのホテルを目にすることが出来る。



ネパールの習慣:今回から「ネパール通信」で一つずつお知らせ

していく。

食器の使い道:食器は一般的には食事用に使うが、ここネパール

では何でも使う。例えばご飯を食べる時のお皿などは、ゴミをす

くったり、セメントを運んだり、はたまた土をこねる道具にした

りと、多くの使い道がある。

旅行者はまず問題はないが、ネパール人と共に生活すると当然こ

の問題が出てくる。

しかし、私たち外国人にとっては極めて大きな習慣の違いであり、

この習慣を、直さねば精神的に疲れる事となるが「なかなか」直

らないのが習慣である。

さらに、食器を「地べた」の上に置いて食べるのもここの習慣で

ある。

一般的に日本で「土間」と言われる作りのダイニングキッチンが

普通で、囲炉裏を囲んで食事をしたりお茶を飲んだりする憩いの

場でもある。

ダイニングテーブルなるものが無い生活である。

添付写真は、タトパニから見た環境の変化を見守る「ニルギリ」


GetAttachment.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/11/25(水) 10:13:01|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜ「クライアント」なのか?‏ | ホーム | 今回の支援先「決定理由」‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/59-1e32989b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード