ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

新たな子供たち!‏

11月10日(土)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:25%



長い間の「沈黙」をお許し願いたい。

この間、新たな村(トゥロパカル ジリ)の支援活動のスタートや

ジョムソン街道の実態調査など、多くの作業を併せて行ってきた。

新たな村では、やはり過去には外国人が入った事はなく、お米は

出来ないため、下の町(カリチョウーク)まで買いに行くしかない

村である。

ただ、ここでの支援にはかなりキツイものがある。なぜなら雨期

には殆ど陸の孤島になり、周りとの連絡が出来ないばかりか、病人

などは死を待つだけの村である。

ここでも、乾季には担架で病人を運ぶが、これも不足している。

(一台が2000~3000Rsで購入出来る。以前ラムチェ村に送

ったもの)

今回この村を支援するにあたり、この雨期には何回も村に行く事を

試みたが、結局戻って来た経過がある。

しかし、だからと言って捨てておく事は出来ない。

最善を尽くして対応をしたいと考えている。

当面は、学校に掛かる費用や必要な文房具など制服も合わせて置いて

来た。

だが、「これからどうする。」である。

雨期を如何に乗り切るか?

自立の道はあるのか?

将来的には自立を目的とする、私たちの考えを進めなければならない。

ゆっくり、村人と相談しながら進めたい。

さらに、もう一つの村(チョウタラ地区)にも支援の手を向ける予定

である。

後、30人の子供たちは学校に通っていただきたい。

さて、ジョムソン街道であるが環境破壊が?どこまで進んだのかを粒さ

に見てきた結果、経済効果はさておき、さほど大きな破壊はないと判断

した。

なぜなら、車の数が日に50台を超えることはなく、日本のようなスピ

ードを出せる訳でもない。

それより何より、村人のたちの物流効果の方が大きな発展と言えよう。

スリリングなバスの窓から眺めるヒマラヤの大パノラマは、今まで山を

目指したものだけの特権から、多くの老若男女をも受け入れる事となった

ばかりか、宗教的にも重要な位置にあるムクチナートでは、多くの信者が

毎日訪れる事となった。

しかし、多くのトレッカーが口を揃えて「バスは不要!」と訴えている

のも事実である。

今までは、ポカラからの飛行機が飛ばない時にはベニから4~6日歩い

たが、2日で確実にムクチナートまで着く事ができる「文明の力」は凄

いの一言である。

(3857)

添付写真は新たな子供たちである。

では次回「ネパール通信」まで


DSCF3857.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/11/07(土) 23:57:24|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今回の支援先「決定理由」‏ | ホーム | フリーマーケットのお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/57-4a2ebef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード