ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

今日は明日のために・・‏

9月21日(月)天気:快晴 気温:22℃ 湿度:60%



ここサンガ(KTMから東に25K)では9月に入り、

毎朝「霧」の中である。

8時過ぎまでこの状態が続き、その後晴れてくる。

季節の変わり目に来ていると言うことだろう。

9月19日(土)に新銀杏旅館に引越しした。

まだ完成には時間がかかるが、10月の終わりには

完成するであろう?

ネパールではPromise(約束:ネパール語でサチ)と

言う言葉はあっても現実には存在しない。

なぜなら、交通手段や来客には予約とか事前連絡と言

った形を取れないばかりか、自らが予定を立てられな

いからである。

従って、何か仕事をしようとする時には現在の集まっ

た人でする以外に方法はない。

これがこの国の発展を妨げている一つの要因でもある

のだが、ここで暮らす外国人にとっては、辛いものが

ある。

先日も、大切な職人(木工)が一時山に帰ると言うので

「何時戻ってくれるのか?」と聞くと5日後だと言う。

しかし、1週間待っても2週間待っても来ない。

木材の注文にしても然り、自分で行って直接持ってこな

ければ、希望の日に近い日程には間に合わない。



さて、日本に居る時には「今日は明日のために」との

考えから勤勉・努力や切磋琢磨(せっさたくま)といった生き方が目標

とされ、忠実に実行した者はそれなりの収入や地位に

着くことが出来た。

しかし、今では少し時代(社会)が変ったのかもしれな

い。

努力や勤勉だけでは、出世はおろか毎日の人並みな生

活すら出来なくなって来ている。

「感性・知識に裏づけされた直感」と言った難しい能

力の他に優れた人間関係が要求される時代である。

これは、全ての人に平等な能力ではない。

限られた人のみに備わった能力であろう。



私の知る限りでは、一人ひとりの能力の違いは当然であり、

それを仕事の難易度または、速さや正確度によって振り分け

るのが管理者の仕事と考えてきた。

凹凸の能力を一つの目的の方向に向けて、集中させる事であ

る。

これの出来ない管理者は、無能とまで言われ役職から逸脱

を余儀なくされる。

だから、多くの人たちが一緒に働く事が出来たのであろう。

しかし、ここネパールでは「出来る時に、気が向けばやる」

こんな考え方が普通である。

極めて「自己中心的」な考え方で、政府をはじめ全ての

機構が動いている。

今回のテーマである「今日は明日のために」という考えは

ここでは皆無である。

努力しても働く場所もなく、勤勉であっても誰も認めない

社会では「今日は今のためにある」のみ。

定職に着いている人は、国民の10%にも満たない。

殆どが不定期あるいは季節労働と言った形態である。



私事で恐縮だが、10月3日~22日まで日本に帰国。

添付写真は日本から持っていった「ぎんなん」から育った

「銀杏」の苗である。50本ほどが芽を出した。

DSCF3666.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/09/23(水) 21:18:47|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本発! | ホーム | それでも人は生きなければならない!‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/54-83a72c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード