ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

それでも人は生きなければならない!‏

8月30日(日)天気:快晴 気温23℃ 湿度:60%



9月の終わりから10月中旬にかけて、遠くシベリアから何千

羽と言う「鶴」がヒマラヤ(ジョムソン街道のカリガンダキ川

上空)を超えてやって来る光景が見られる。

また、この鶴は「冬虫夏草」をも餌にすると言われていて、

鶴の飛んで来る航路?は、この「冬虫夏草」が取れる場所でも

ある。

一筋(ひとすじ)の線のように飛んで来ると言うが、まだ見た事はない。

さて、

長い間、このテーマに触れる事を避けてきたが、この時期に

是非、知っていただきたいと取上げた。

なぜなら、このテーマは極めて理解されにくいテーマであり

精神的に極めて重たいが、「疲れきった身体に鞭打つ、円高

不況下の日本社会」の現実を考えると、今こそ必要と考えた

からである。



* 感謝!を忘れては・・・・・・



今回は日本のみなさんに、「なぜ生きられる」について考えて

いただきたい。

この世に生をうけて、「死に向かって生きる」今の生活には、

多くの難問が待ち受けている。

人が生きるのに「最低限度必要」なものは何だろう?

衣食住の良否は、それぞれ収入や生きる場所または国によって

異なるが、親兄弟や友を除いては考えられないだろう。

日本の社会では、この親兄弟や友の必要性を無視して生きてい

る人たちが、あまりに多い。

つまり、「俺は・私は自分の力で生きている」との考え方

の人々である。

また、この考え方をするのは、仕事の出来る人に多いのも事実

である。(自分の努力の成果に「自己満足」している人)

「自分の努力」と「生きている」事とは別である。

「努力は自分」であり、「生きているは地域社会」である。

「自分は生かされている」と悟るべきであろう。

そこから、「感謝」の二文字が「にじみ出て」くる。



先日、カトマンドウの大都会の歩道の隅で、一人の中年

女性がゴミの中で残飯を探し出し、捨てられた器に残飯を

入れ暖めて食べている光景を目にした。

暖めるのも、食べているのもゴミの中である。

あまりにも無残な光景だが、彼女は平然と食べている。

彼女には友はおろか、親兄弟もいないのであろう。



その彼女が食事を終え、お祈りをしだした時には「どうして?」

の疑問が私の頭を駆け巡った。

それでも人は生きなければならない!



後で「何を祈ったのか?」

と聞くと「神にダンニャバード:感謝」と答えた。

彼女は「神」に感謝をしていたのである。  唖然!



友や親兄弟は、ある意味「自分の分身」である。

自分に出来ない事をやってくれる、または教えてくれる「大切な

指導者」でもある。



あまりにも、身近すぎてつい忘れがちになるが、ここネパール

に居ると連絡はメールか国際電話しかなく、長々と語り明かす

ことも出来ないばかりか、本当に伝えたい時に話せない辛さが

ある。

時間が経てば、「思いも色あせて」真意が伝わらない事が多い

が、直に話せる日本の環境は素晴らしい事である。

顔色を見ただけで健康状態が分かり、「何に苦しんでいるのか」

まで理解できる。



少し本題を逸れたが、「なぜ生きられるのか?」は単純に考え

れば、「家族や友の輪の中」に居てそれを考えなくても相手が、

家族が補ってくれているからであろう。

当然のようにこの関係を受け止めていて、感謝の気持ちを忘れ

ている。



しかし、この関係は壊れる時には「極めて脆く突然、崩れる」

なぜなら、「人の死は誰も予測出来ない」からである。

だからこそ、何時も真剣にその関係の維持に努めるべきであろう。



「人間関係」には「一期一会」と言う茶会の心得があるが、正に

この一言が「ぴったり」である。



家族の関係の場合も友でも「寄りかかり過ぎる」と相互の思いが

食い違い「ぎくしゃく」してくる。

これを何時も考えて関係の維持に努めることこそ、生きるため

の秘策かもしれない。

私自身かなり問題があり、「寄りかかり過ぎる」事がしばしば

である。

「寄りかかり過ぎる」とは「頼り過ぎる」という意味である。

「感謝」の二文字を決して忘れてはならないのが「人間社会」

である。



私もここ(ネパール)に来て、多くのみなさんのご協力やご意見

・ 激励に感謝しない日はない。

だが、日本に残した家族にはそれだけでは済まない事も承知して

いる。

私の「わがまま」である。

今日は、あまりに無残な光景を目にしたため、こうした通信にな

った事を理解していただきたい。

添付写真はルンビニーの「鶴のつがい」である。

「鶴」は生涯同じ「相手」と暮らすと言う、美しい鳥である。

鶴のつがい「ルンビ..
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 21:05:14|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日は明日のために・・‏ | ホーム | 明日:(ネパール語でボリ)の意味は?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/53-fc79a08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード