ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

恵みの雨期‏

7月17日(金)天気:曇り 気温:23℃ 湿度:68%



北斗七星は北極星を中心にして時計と反対方向に回転している。

こんな「つまらない?」事までもが「素敵」に思えるここネパールである。

22日には皆既日食が見られるというが天気が心配・・・



今回は前回の貧困に変って「豊かさ」についてお知らせしたい。

物質的貧困は、この国の一部の人たちの発展過程(輸入)があまりにも早く、

大多数が追従出来ていない事も、格差問題を大きくしている要因でもある。

例えば、携帯電話を例にあげれば日本をはじめとする諸外国では

最初、電話機の普及から時間をかけて「公衆電話」から自宅電話

さらには、携帯電話と進んできたが、ここでは「いきなり携帯電話」の普及である。

しかも、中国製品の極悪品質の携帯電話をはじめ韓国・インドなど多くの国から輸入されている。

では、なぜ「いきなり」なんだろうか?

諸外国では、既に行渡った携帯電話の普及に危機感を覚え、

各国が争ってネパールへの輸出をはじめた事が原因である。

手ごろな値段で、若者を中心に多くの種類の携帯電話が輸入されている。

通常の電話に比べ設置工事も極めて安く出来、なにより便利さが

ここの人たちの興味を誘った事は言うまでもない。

電気もつい最近まで無かった山村に、

携帯電話が持ち込まれれば村人たちは、こぞって欲しがる商品でもある。

遠く出稼ぎに行っている人との会話や友達同士の会話など、

話好きな彼らには「正に夢の電話」である。

手にした携帯電話は他人に聞こえるように大きな音量で

FMラジオやMP-3が主たる使用理由でもある。

中にはカメラやテレビも見られる携帯電話もあり、殆ど諸外国の文明?と変わりない。

しかし、ここにはそれらを製造する技術も人材もいない。

アフリカのThe Gods Must be Crazy コイサンマンのニカウさんを思い出す。

単車の普及も著しい、インド・日本・ドイツなどのメーカーが15万円ほどの価格で販売している。

購入者はと言うと、ごく普通の市民であるが15万円の単車は現金では買えない。

従ってローン会社のお世話になるのだが、これが無数にある。

返済出来ないと単車は没収され負債だけが残る仕組みである

一方農業はと言うと、1年に2~3回は収穫できる。(西の地域)

稲刈りをしながら田植えを行う、といった光景が多く見られるのも面白い。

自然の豊かさはそれらの生命力を証明している。

勿論、土の力(栄養豊かな土)はここの人たちの飼っている家畜の糞尿や

人々のする糞尿までが地中深く養分を運んでいる事が原因ではあるが、

畑を作る前には必ず家畜の作った肥やしを混ぜて作っている。

まさに、有機農業である。

野菜もそれぞれに「俺は大根だ!」「私は人参です!」

何て言っているような頑固な味である。(それぞれの皮はかなり硬い)

しかも激安だから嬉しい。

肉類は水牛に山羊・鶏と言ったものが主で豚は少ない。

猪も出回っている。

肉屋さんのテーブルにはそれぞれの肉の「頭」が看板代わりに

置いてあるのも面白い。

肉屋には冷蔵庫を設置しているところもあれば、無いところもある。

それぞれの肉は、生きたまま店先に絡げられていて商品の肉が無くなれば、

店先で始末すると言った販売方法である。

従って、この国では貧しいけれどそれが原因で「死ぬ」事はない。

なぜなら、食料はどんな形にせよ食べる事ができるからである。

(添付写真は日本のODAではじまった空港前の道路拡張工事の様子)

では次回「ネパール通信」まで


DSCF3371.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 22:07:01|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<タイトルなし | ホーム | 今を生きるのみ!>>

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  1. 2014/05/06(火) 16:30:14 |
  2. URL |
  3. 履歴書 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/49-b74d5bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード