ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「ネパール通信」作り出す支援活動から「学ぶ」

「ネパール通信」作り出す支援活動から「学ぶ」


4月23日(日)天気:曇り 気温:22℃ 湿度:50%



はじめに、フィールドに出ていて原稿を作る事が出来なかったために、
通信の配信期日に間に合わなかった事をお詫びしたい。


今回は、昨今の支援活動のあり方について触れてみたい。

ネパールでの支援活動は2年前の地震以降、「若者の形に囚われない」活動が目立って多くなってきている。
演奏会・支援物資の支給・教育関係、
ここネパールでは無い音楽・運動・絵画やゲームなどなど、見ていても楽しくなる活動である。
昔、阪神淡路の震災復興時にもあった「ルミナリエ」のような捉え方であろう。


ある学校からは、多くの日本人に来て貰っているので
「日本語」を勉強出来る機会を設けて欲しい旨依頼される事もある。
もちろん、今まで通りの世界各国からのボランティア団体や個人も居るが、これは震災前の活動に留まっている。
ボランティアはする側の「勝手」と言う言葉を思い出すが、正にその通りで「自己満足」の何者でもない。
する側にとっての被災者は、する側の「自己満足」を満たす「壊れた積み木」のようなものである。

この「壊れた積み木」はネパールの災害地域や貧困家庭であり、
それに物を与えたり、壊れたものを再建したりする「ボランティアをする側」からすれば、正に「美味しいお菓子」になるのである。


しかし、何かが違う。
「される側」の被災者や貧困家庭は同じでも、ボランティアをする方に違いがある。
そこには、単に「やってあげた」と言う満足感だけを求めるやり方と、
「勉強をさせていただいた」と言う「感謝と学び」の活動との違いである。


当方の考え方は、特に若き日本の青年女子には後者の活動から「切磋琢磨」を見出して欲しいものである。

そこから生まれる「させていただいた」活動こそ生きる原動力となるのである。
この原動力は一生の大きなエネルギーとなり、人生をより豊かにしてくれるから嬉しい。
一人でも多くに方々にこの「させていただく」活動を体験していただきたいものである。


中には、「お金をあげる」寄付や恵む行為が「ボランティア」だと考えている方々もいる。

これは巡礼や托鉢のお坊さんに「恵む」行為と全く同じ事であり、「あげれば終わり」であるが、「ボランティア」は違う。
これは、ある程度身体も知恵もお金も使ってやる「復興支援や復旧支援」
さらには「継続的な生活改善支援」などさまざまであるが、いづれも「させていただく」形である。

多くの若者には、この作り出すボランティア活動に参加していただき、「人間形成」に役立てていただきたいものである。



添付写真は「とうもろこし」に肥やしを蒔くミナとお父さん・肥料を蒔いてから2週間後の「とうもろこし」
・4人乗りのバイク・バネパの野菜市場である。


IMG_2234_20170423110303e63.jpg


IMG_2260.jpg


IMG_2265_20170423110308b54.jpg

IMG_2258.jpg

IMG_2255.jpg



井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。


では次回「ネパール通信」まで

HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/


Ichyo Group Sujita
スポンサーサイト
  1. 2017/04/23(日) 11:09:04|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ネパール通信」2016年から17年の活動総括 | ホーム | 「ネパール通信」生きざまと逝きざま・・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/331-b6bcb510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード