ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「ネパール通信」大学生のラムチェ村と小学校

「ネパール通信」大学生のラムチェ村と小学校

2月24日(金)天気:曇り 気温:21℃ 湿度:40%




今回は、福井県の仁愛女子短期大学のみなさんと先生による、
ラムチェ村での体験を目的に村で出会った「子供たちとのふれあい」をお伝えしたい。

なお、後日それぞれの学生さんたちによる報告があるが、
今回は短期間での滞在で書ききれない部分もあろうかと、全体を大まかに報告しておきたい。


2月16日午後、TGでネパール入りした一行は、(19歳の3名と20歳が一人)
ミナの出迎える空港から直接サンガの「銀杏旅館」に来ていただいた。

翌日の準備と部屋割りを済ませ、夕食は「ネパールのダルバート」で
はじめての異国の料理に心配しながらのスプーンの運びであったが、ほぼ全員が完食していただき、まずは一安心であった。


翌日の荷物(洗面具と趣向品・学校で使う教材)を区分して、「やぐらコタツ」で雑談。



2月の終わりとは言え、まだまだ寒い朝晩である。

雑談は10時を廻ってやっと終了、「ゆたんぽ」のベッドへ移動。

翌朝8時出発のため、6時半に朝食をして7字半には荷物をリビングに降ろして出発前の点検。
やはり、心配していたミナが一番遅く出てきた。

予定より20分遅れで出発!一路バラビシヘ。
途中「ドラルガル」でキャンデーや果物を購入し、トイレを済ませて再び出発。

目的のスリーサルソティーセカンダリースクールでは、子供たちが待っていると思うと気が焦る。

バラビシに到着し、別の仕事で来ていた九州の女子大生と合流して
昼食の「チャウメン」の目玉焼き乗せを食べるも、乾燥肉を止めてくれるよう伝える事を忘れて、
「てんこもり」のやきそばに乾燥肉が一杯。
しぶしぶ食べ始めたが、流石女子大生「私が貰います」と言ってくれた。

ここからは、インドの軽いジープに乗り換えて急な坂道を登る事約50分、
ただでさえ狭い山道に大きなトラックが「ショックアブソバー」を直していて、約30分ほど休憩。

予定の時間から30分ほど送れて小学校に到着。

既に、セレモニーの準備は出来ていて子供や父兄も学校で待っていた。

初めに、歓迎の花輪の贈呈が行われて、続いて新旧の校長先生やスンダルラマ
(パトネちゃん)の挨拶につづいて「澤崎先生」の挨拶(ミナの通訳)があり、
来年度から支援する子供たち27名に対し制服やカバン・文房具やスリッパなどを配布、
これには女子学生がお手伝いしていただき、早々に終えた。

つづいて、運んで来た400着の子どもの衣類の配布もお手伝いしていただき、無事配布を終了出来た。

何時もは、大変な苦労をして色やサイズを見て配布していたが、今回は衣類の数を主に配付したため、
後はそれぞれに交換してもらうのもありと言う説明で順調に配付を終えた。

新聞記者も来ていて、澤崎先生にも取材がありなかなか盛大に式典が終った事は幸いであった。


ゆっくりと、ミナのお母さんの待つコテージに向かうが、やはり登りはちょっと疲れる。午後3時10分コテージ到着。

コテージに着くと、ミナのお母さんが作った紅茶で一息。

休息後、みんなで今夜の「ねぐら」であるテントを張る。
まだまだ、明るい村を散策するためミナのガイドで出かける。
薄暗くなる時刻に全員が戻った。

ミナのお母さんのダリバートと「有精卵」の「卵ごはん」で満足満足。

翌日は土曜日で、学校は休み。
この日も村の散策、ビッグストーンや親戚の家さらには、
近隣の家のご婦人に誘われて「国際交流花盛り」と言った一日であった。

いよいよ、サンガに戻る日は午前中は学生さんたちによる「授業」の体験日である。

ここの内容については、後日の報告を待っていただきたい。

ちょうど12時ごろ全員が小学校からコテージに戻った。

パトネちゃんの奥さんが、「じゃがいも」をボイルして出してくれた。
これに、自家製のバターと塩を付けて食べるが、これがまた旨い。

12時半ごろジープの待つチョータラまで降りて行き、ミナのお母さんお礼を言っていざバラビシへ出発!
(登りでも下りでも所要時間は同じ)

1時半ごろに到着したが、やはり体中が「がたがた」で疲れる事この上ない。

サンガまで行くジープは既に待っていて、多少の買い物を済ませて再びジープに乗り込む。

午後4時無事サンガの銀杏旅館に到着!

この日の夕食は「日本食」である。

お風呂に入って身体を休ませてから、「やぐらこたつ」で食べる日本食はやはり、
「日本人だなぁ~」と思うひと時である。

学生さんたちの報告は後日掲載。乞うご期待!

添付写真は出発の様子と学生さんたちの小学校での様子

IMG_2167.jpg
IMG_2185.jpg
IMG_2180.jpg
IMG_2184.jpg
IMG_2187.jpg
IMG_2191_201702242305463ed.jpg
IMG_2195_201702242305481a1.jpg
IMG_2196_201702242305490f1.jpg
IMG_2148.jpg
IMG_2160.jpg








井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。





では次回「ネパール通信」まで



HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/



Ichyo Group Sujita


スポンサーサイト
  1. 2017/02/24(金) 23:10:41|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ネパール通信」銀杏旅館の改修工事・・・ | ホーム | 「ネパール通信」日本人である事に誇りを持て!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/326-d9e9fcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード