ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「ネパール通信」カトマンドウの道路事情

10月27日(木)天気:晴れ 気温:22℃ 湿度:55%

今回はネパールの幹線道路についてお伝えしたい。



さて、当方の癌検診で通っているサンガからカレンキー経由
チトワンへの行き来で得た情報である。(運転手や乗客から)



一昨日、午前中にリビング建設のための機材を購入し
銀行の定期預金の期限が切れるため、更新手続きを済ませ
その足でカレンキーからマイクロバスでチトワンに向かったが、
そのカレンキーの交差点が高架工事のため陸橋が解体され
市内から外に出るためには今までの交差点を左右に折れて、
さらに元の道に出なければならず、タクシーなら最低でも30分はこの交差点で渋滞する事となる。

中国の工事だが、期日までに出来るのかどうか極めて疑問である。

話を聞けば、中国の工事着手した会社は理由は定かではないが、帰ってしまった。との事。
しかし、工事は誰がやるのか???

世界中のあらゆる工事が「頓挫」しているのが、
世界の常識に成りつつある中国経済の状態である。

さらに、カトマンドウからポカラ・チトワン・インドとの国境の全ては
この街道を使う以外方法は航路のみである。


この街道ではチトワンとポカラの分岐点「ムグリン」から
チトワンへの道路は散々な悪路で、幾つもの渋滞がある。

中国は困った国である。


多くの国で頓挫している工事がここでもカトマンドウの街や
幹線道路を破壊したままにしている現実が目の前にある。

カレンキーからバグドールを経由してコテショールに至るリングロード(幹線道路)は
3年は掛かっている拡張工事でこれまた中国の業者がやっているのだそうだが、
これも工事は中断に近い状態で働いている業者の姿は見えない。

また、一昨年まで工事をやっていた日本のODAで建設していたアラニコハイウエィは
カトマンドウ市内からスルジェビナイトまで完成し、
ネパール人たちからは「とっても素晴らしい道路」と好評である。

しかし、そこからコダリボーダーまでは中国がやる事になっていて、日本の工事ではない。
何時から着工するのかも???

ネパールのような極貧国での工事までも食い物にしている中国には、
ほとほと愛想が尽きたのは私だけでないようである。

ネパール人の多くが嫌う国民となってしまったようである。



添付写真は地震のおかげで、初めて多くの観光客の目に映ったタメル地区のお寺と
テハール前の市内の様子・チトワンを走る省エネタクシーのいろいろである。
さらにナベサダのジャズコンサートである。


1


2

3

4

5

6


井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。








では次回「ネパール通信」まで



HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita
スポンサーサイト
  1. 2016/10/27(木) 20:51:06|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ネパール通信」一人で憤慨する「から回り」・・・ | ホーム | 「ネパール通信」ダサインのネパールから>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/315-d7598584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード