ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

一人の力の、何と小さなことか

8月21日(日)天気:晴れ 気温:22℃ 湿度:62%

今回は、雨期の真っ只中にあってモデルハウスの建設状況もはかばかしくなく、「銀杏日本語学校の設立」に集中していた。

しかし、はじめての仕事とはこんなに分からないものかと痛感した次第である。

学校の申請の前に会場調査や先生の確保、誰に問う監督をお願い出来るのか?
などなど、素人の私が一人で出来る仕事ではない。

JICAの古い友人であるソシルバッタチャンに大まかなアドバイスを受け、
多くの人脈を持つあやさん「女性ながら一人で服飾の仕事をこなしている方」にお願いして人材の確保に努めた。

なぜなら、今までの私の人脈とは全く異なる人間関係が必要になったからである。

しかし、いざとなるとなかなか思うような人材にはありつけず現在もなお捜索中である。

最初は教室と教科書・先生が揃えば何時でも学校が出来るだろうと、簡単な気持ちであったが、
やりたい、やりたいと思っていたため、以前から調べては来たが本格的に必要な事を見聞きしたのは今回がはじめてである。

とにかく、膨大な仕事量がある。

会場設定一つをとっても、集客の良い場所となると何処がいいのか?

日本でも、10m離れた全く同じコンビニでもちょっとした事が原因で、
一方にはお客が来ないため閉店に追い込まれる事は良く耳にする。

それと同じで人に聞いても教えてくれないし、分からないのである。

つまり、人間心理の部分でもある。

また、実務でも日本人なら誰でも出来るであろうと思ってきた日本語であるが、
いざ教えるとなると、全く違う要素が必要になって来るから不思議である。

人に分かってもらう事の難しさは、通常の仕事でも何時も起こっていることであるが、「たかが日本語」されど日本語である。

日本語検定の2級や1級など、今の私にはとてもクリヤー出来そうにもない。

日本人さえもが出来ない日本語検定試験にパスしているネパール女性がかなり居る事にも驚いている。

さて話が、本題かそれたが今回の学校設立については多くの日本の方にご協力をいただいている、本当にありがたいことである。

何も知らないと言う事は「恐ろしい」ことであり、先の苦労が全く見えていないのである。

行き当たりばったり、で危険予知が全くできないのである。

俗に言う「極楽トンボ」なのである。

そんな時は、教えていただく人を探してもらうのである。人脈のある方に・・・

それぞれの専門家?が居て、小さい頃から勉強にはとんと関心のなかったと言うか
劣等性の「わんぱく坊主の私」にはまるっきり、闇の世界の仕事でしかなかった。

しかし、知らない強みとでも言うのか少しづつ解き明かして、
やがては解決してゆきそうな仕事ぶりに、周りが不安で手を差し伸べていただけるのである。

本当に心から感謝する毎日である。

開校目標を10月はじめに置き、それまでにやはらねばならない仕事を列記して潰す作業が、知らないだけに面白いから不思議。

そんな事を言ってては、援助して下さっているみなさんに申し訳がないが、本当の気持ちである。

「望めば道は自ずから開かれん!」誰かの言葉だろうが、本当である。

現役時代は「俺が俺が」で突き進んで来た時代であったが、今は「私は何も知らない」ただひたすら教えを請う姿勢だけである。

一人は何と小さな力だろう、しかし周りの協力を得た時には「こんな事が出来た」と思えるほどの大きな仕事ができるのである。

今回ほどこれを痛切に感じた事はない。

一人で出来なければ、周りに「私は出来ない」教えて下さい。と言うことである。素直になれば道は開かれる。

まだ道半ばであるが、多くの人の力で9月末には開校に持ち込みたい。

人間関係は人生の「色彩:いろどり」である。

人間一人では生きてはいけない、人生の「彩り」は如何に多くの方々と接触をもち
力を貸していただいたり、助言を頂いたりして来た結果であろうと考える。

添付写真は先般日本で働くネパールの青年お二人が子供の衣類を届けてくださった時のものとフェワレイクのサンライズである



井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。





では次回「ネパール通信」まで



HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/



Ichyo Group Sujita



フェワレイクのサンライズ
IMG_4335.jpg


日本で働くネパールの青年(子供服を持ってきてくださった際に。)
IMG_1506.jpg


IMG_1508.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/08/21(日) 19:05:44|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<学校を作る難しさと、蘇る力をくれた三浦さん | ホーム | 雨期のネパールへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/308-cdc45ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード