ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

今後の計画‏

11月22日(土)天気:快晴 気温12℃ 湿度:?



☆今までとは、異なるカーストの村へ・・・

来年からは、3つの村の支援作業(子供たちが家族の力で学校に通えるための、

収入を得る仕事づくり)に入るため綿密な日程管理が必要となる。

ラムチェ・ポカリナランタン・バルワの村は共に極貧部落の村である。

中でもバルワ地区はカミカーストよりも低いカースト:ダナワールであるため、

その生活には想像を絶するものがあると考える。

いよいよ、本格的な取り組みとなるため、準備を怠らないよう今から計画するが、

そのためにはミナにも手伝ってもらい、それぞれの村の調査日程を計画。

さらには結果報告と支援内容についても彼女と議論し、

各村の「村長や校長先生の意見を取り入れた」支援内容に組み立てる。

支援の規模も同時に組み込んでいく予定である。

一方、来年春で3年を経過し最後の支援となるラムチェの27人の子供たちについては、

既に各父兄に知らせてあり学校にも連絡済であり、

今年入学した11人は引き続き支援対象である。



さて、ここネパールでのカーストについて少し記載していきたい。

低いカーストの中でも、高い順にカミ・ダマイ・ダナワール・チャーメィ・ポーディ

これらのローカーストの人たちの中でもチャーメィ・ポーディの人々は汚れた仕事、

つまり、トイレの掃除や汚いゴミなどを扱う仕事のみであり、

他の仕事はない。もちろん学校など考えもしない。

カトマンドウの街中でも何時でも見る事が出来る。

毎朝各家庭から出るゴミを集めに来るのは「彼ら」である。

街中や村でも然り、これらの仕事をしている人々は全てこのカーストである。

インドの「アンタッチャブル」不可触民(カースト以外の人々)と同じである。

しかしネパールには彼ら「不可触民」のカーストがある。

一般的に、こうしたカーストの人々に触れることや話す事を嫌う。

タマンの子どもでさえ、親から叱られる時「チャーメィ・ポーディ」に渡すよ!

と言って親から叱られるくらいである。

文字通り、彼らに触れる事は自分も汚れるとの考え方である。

また、カミの人々は「鉄」を扱う仕事をしている。

いわゆる加治屋さんである。

この仕事以外にない。

なぜ、こうした差別をするのだろうか?

貧困だからこうした差別をすることで「救われる」とでも考えているのだろうか?

タマン・チェットリなどのカーストは100近いカーストの中でも

「中の上」といった位置にある。

わずか2800万人の国で、こんなに分けられていて問題は無いのだろうか?

近日中に向かうバルワの村ではダナワールの人々が暮らす村であるが、

どんな生活なのかは調査以後報告したい。

添付写真は、ミナちゃんが私の食べる「野菜」を植えているところである。

(野菜は出来る限り自家製を目指している)


IMG_0105_convert_20081124141643.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/11/24(月) 14:22:20|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時間という「ものさし」について‏ | ホーム | ネパールに戻って・・・‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/30-107391fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード