ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

日本の憂い(そのⅠ)若者の悲劇

4月26日(火)天気:晴れ 気温:25℃ 湿度:40%


今回は、今の若者の7割以上が高学歴(大学・院生)を目指して勉学に励んでいる日本の若者の現状を見聞きするにつけ、
胸が痛む現実が存在する事を知り「何かが間違っている」と感じた事をお伝えしたい。

昔は(当方の時代:今から50年前には)こんなに多くの高学歴の若者は居なかった。
家が裕福な家庭か、とっても優秀で国からの援助金か大学費用の要らない若者が大学に行っていた時代では、
今と反対の数字であった。

しかし、今は大学の数も増え大抵の若者を受け入れるだけの数が出来たし誰もが入れる仕組みになった。
結果、国から受ける融資(奨学金制度)は何時かは返済しなければならず、
高校の成績で金利も変わってくる借金では、大学を出て就職が出来ても既に400万円近い借金を抱えての就職である。

就職が出来ても、「喜んでばかりはいられない」のが現実であろう。
まして、結婚や遊ぶお金など何処から出てくるのだろうか?ある訳がない。
だからお酒もタバコも異性交流も「我慢」する若者が増えて当然であろう。
無気力な若者が増えるのは当然と言わざるを得ない。

そんな若者も、「外国へ行けば何とかなるかなぁ~」と考え出て行かれるが「遊んで」しまう場合は逆効果で、
借金も減らないばかりか、反対に増える事にもなりかねない。
では、なぜそんなにまでして「大学」なのだろう?

企業も無名大学を出たばかりの若者では使うわけにはいかない、
入社早々高校時代の「応用の利く」勉強を再教育している会社も少なくない。それでは採用も控えていまう。

一方外国の若者は、極めてハングリー精神旺盛で、同じように
入社試験をパスする日本国内の外資系企業にどんどん入社している。
反対に高学歴を隠して就職活動をしている若者もいるし、「就職浪人」と言う言葉さえ「耳慣れた」ことになりつつある。
さらに、それが分かっているから就職をせず、「何かを探しているふり」をしながら外国で時間を潰している現役の学生も多い。

結果1~2年を外国で遊び再び学生に戻るのであるが、結果日本の社会に馴染めない若者が増えて再び外国に飛び出す。
でも仕事はない。
親の居るうちは良いが、無くなれば生活費にも事欠く始末であろう。

30歳を過ぎても学生をやっている人にもお会いしたが、学校には顔も出さないで「身分」だけが学生だそうである。
本当にこれでいいのだろうか?
決してよくは無い!

何時収入を得る時代がくるのか?
何時企業出来るのか?
日本の社会を軽んじている現実に唖然となる。

ネパールでは就職する企業が無い。
だから海外に出稼ぎに行く。
それも、大きな借金を抱えてでも、出稼ぎに行く。
必死で「働こう」とする姿勢が見て取れる。

日本人で50代になっても就職できずにいる青年?も居た。
働いた事が無い方である。
親のお金(年金)で生活して来た方であるが、最近親が入院して危篤状態との事。
なぜ?
妹さんに看病を任せ来られている。
そんな方が、ネパールに来られるのである。

逃げてきただけではないのか?
なぜなら、生活費が安いから少ない親の年金でも長期間生活出来るからだそうだ。
これもまた「極端」な話である。
でも現実である。

親が無くなれば「お金も」無くなる。
自分も入院しようか?と笑っておられた。
だから「親は何時までも生きている」事になる。

何かがおかしい?
日本の仕組みがおかしい?
人の考え方がおかしい?
同じ日本人でも幾つになっても、現役で働く方も居ると言うのに・・・

今回は日本の社会のもつ大きな「憂い」の一部を紹介したまでであるが、事実である事には間違いない。
そんな社会で18歳からの選挙権付与の実施・・・・・
うまく運んでくれればいいのだが・・・・

「憂い」が残る。







バスに必死で摑まる乗客
IMG_1212.jpg

IMG_1213.jpg



咲きはじめたジャカランダの花
IMG_1239.jpg

IMG_1238.jpg

IMG_1240.jpg





マンゴウ
IMG_1217.jpg





事故補償の不満から座り込む人々(1日通行止め)
IMG_1215.jpg

IMG_1216.jpg







井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。






では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 09:56:18|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本の憂い(そのⅡ)老後の悲劇 | ホーム | 遼子さんが観て感じたネパール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/295-dd71d589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード