ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

自分につく「嘘」

3月27日(日)天気:晴れ 気温:20℃ 湿度:52%


強くなければ「優しくなれない」だから体を鍛え武道に精進した。
お陰で、武士道の生き方を学ばせていただいた。

小さいころから、父親には「負ける喧嘩はするな・喧嘩は必ず勝って来い」
「自分より弱い相手と喧嘩するな・相手に怪我をさせるな」と教えられた。
一見矛盾したような話ではあるが、そうではない。策つまり、戦術を考えれば可能である。

感情の高ぶった時の喧嘩は必ず「負ける」、冷静に策を講じて戦えば必ず勝てる。
勉強をしなさいとは「一言も」聞いたことがなかった。
心に「ゆとり」がなければ「包容力」は生まれない。

だから、決して背伸びしたり、無理のある生活はしない。
自分だけで出来る事をすればいい。と考えている。


今回は、「飾る」事の意味を考えてみた。

世間には「粉飾決算」とか「飾り立てる」など、決して良い意味での言葉ではない言葉が横行している。
しかし、人は「飾りたがる」のはなぜだろう?

つまりは、虚栄やカモフラージュのようなことではないだろうか?
自分につく「嘘」である。

人間社会で生きる以上、ある程度の常識や正装があるのは仕方が無い。
でも、度を越した「飾り立て」は返ってその場に居る人々に不快感を与えるのではないだろうか?
つまりは「厚化粧」と同じである。
本人はそれを知らないのに・・・・

一方、では本当の自分を見出すにはどうすればいいのだろうか?
私は何時もこんな事をやってみる。

具体的には、日常の生活ではあまりに見慣れていて現実を観ても何も感じないばかりか、
嫌悪感さえ覚えるので「旅」などに出た時にやってみると、より具体的に見出せる。

例えば、農家の作業を観ていて(牛を使って畑を耕している場面など)感じた事をメモにしておき、
後で「なぜ」を3回ほど繰り返してみる。

感じたこと:機械に頼らない農作業って素敵だなぁ~
なぜ?:時間がゆっくり流れていくから・・・

なぜそれが素敵なのか?:忙しい雑踏の毎日から開放されている自分が分かるから。
なぜ開放されないと駄目なのか?:時間が自分を見つめる時を奪っていくから・・

そうすれば、日本における自分は時間に追われている生活の毎日であり、自分を見つめる何て出来ないから・・・となる。

ゆっくりと「瞑想」するなどは「夢のまた夢」であろう。
時間に流されて押し出される人生には、「自ら作り出す喜び」などない。
ただ既製品の自分があるだけである。

自分らしい自分を作り出すには、時間に流されない自分が必要である。
忙しさの中にあいた「ゆとり」の時間で「瞑想」する。
例え10分でも20分でもやってみる。

心の中を「空」にする。何も考えない・・・・・
自然の「さえずり」のみ耳にする。雑踏がうるさければ耳栓を使用。

ネパールで生きるためには、周りが嘘と騙しと泥棒の世界であると知る事からはじまる。
そこには、驕りや見栄など何の役にもたたないばかりか、返って災いを呼ぶ事が多い。

しかし、人々は飾り、嘘八百・騙しや盗みは日常茶飯事である。
そんな中だからこそ「学べる」事も多い。
裸の自分も見える。






昨年の「夏の安曇野」でのミナとラスミ
IMG_0019.jpg

IMG_0020.jpg




安倍先生の家族
IMG_0039.jpg





少しでも癒しになれば・・・
IMG_0030.jpg

IMG_0029.jpg







井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。







では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita



























スポンサーサイト
  1. 2016/04/09(土) 09:59:55|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネパールの出稼ぎ事情 | ホーム | ラムチェ村と周辺山村への訪問ーⅡ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/292-918d18db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード