ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ラムチェ村のモデルハウス現場

2月28日(日)天気:晴れ 気温:18℃ 湿度:48%


今回はゲストのお二人と共に、9年ぶりにラムチェ村への正式訪問である。
地震の被害状況調査では3度ほど訪れたが、子供たちとの接触もなく、
ただ被災状況や支援物資の配給に追われての訪問であったが、今回からは違う。

今期からラムチェ村の復興支援を主軸に、子供たちの支援活動を再開するにあたり、
校長先生や村人への挨拶も兼ねての訪問である。

2月23日早朝8時に銀杏旅館を出発、約30分後にはバネパのバス停に着く。
ここからローカルバスに揺られながら、途中ジュレ村の土砂崩れ跡を通過し、
地震の被災地を縦断してバラブビシに着く。
ここで、軽く昼食を食べて村で必要な食料や雑貨を購入。
今度はジープに乗り換え悪路を登る。
この登りではジープの座席に座るより、後部の荷台に乗った方が楽である。
なぜなら上下左右に揺れ動く座席では捕まるところすら無く「まるでバケツの中の芋」の状態で揺られるのである。
これには多くの皆さんが苦労されている。

そんなジープの登りも1時間ほどで終着ラムチェ村に着く。
子供の衣類役60Kgはミナが村人にお願いしてミナの家(コテージ)まで運んでいただき、
我々は自分の小さな荷物のみでミナのコテージまで登った。
ミナのお父さんも出迎えに来てくれ、子供の衣類を運んでくれた。

コテージではパトネちゃんが学校との調整をしてくれて、翌日の午前11時に子供の衣類の配布を設定してくれた。
本当は、最終日の10時で盛大にセレモニーをやってくれる予定であったが、
それを断り日程を重視して翌日の配布となったのである。

セレモニーの好きな民族である。
私はと言うと反対に「全くセレモニーは不要」なのである。
お礼など「くすぐったい」だけである。

到着した日には、ゲストを通称「ビッグストーン」と言っている
絶景の場所へミナが連れて行き、広々と広がる「田んぼ」の風景を楽しんで頂いた。

夕食はミナのお母さんの作るダルバートである。
ゲストの青年が「これは旨い」とお変わりを要求されて、ミナのお母さんもご機嫌であった。

翌朝、ゆっくりと出発であるが近所の子供が遊びに来て、朝から歌やダンスである。
実は、前の日にゲストの青年がその子供の家にさ誘われて彼の家(コテージ)に遊びに行き、
子どものお父さんや兄弟の前で歌にダンスを披露していて、すっかり「お友達」になっていたのである。
子どもが学校へ行く直前まで「得意ののど」を披露し、学校へ出かけた。

我々は、お茶にビスケットやゆで卵を食べ「これが朝食?」と考えていたが、
そうではなく、9:40分ごろには通常のダルバートが待っていたのである。
流石にゲストも「これは食べきれない」と考え「ご飯を半分に」して欲しい旨お願いして、
何とか食べきり、学校へ11時に出かけた。

子供服は学校の先生方が運んでくれ、さらにこの日に登校していた72人の子どもへの配布も手伝ってくれた。
実を言うとこの配布作業が一番「しんどい」作業なのである。
持って来た子供服はサイズを小学生用にと考えて持って来てはいるが、
一人ひとりに合うサイズかと言うとそれは無理な事であり、ザクット数だけを詰め込んできただけであり、
多少のアンマッチは辛抱して!!と言いたいのであるが、
子どもの側からすれば、自分にぴったりの服を欲しがるのは当然である。
しかし、そこは先生である「これで良し!」と言って次の子どもの服に取り掛かるのある。
もし、我々がやっていたらそれこそ「ひっちゃkめっちゃか」になり、収拾が付かなくなる事は明白であった。
約1時間半ほどで全員の子どもへの配布を終え、残った衣類は明日に来た子どもへ配布して下さるとの事で引き上げて来た。

この日は昼からとても強い風が吹き、多くのコテージのトタン板が飛ばされて一時はどうなる事か心配していたが、瞬く間に修復。
流石に手馴れたものであった。
モデルハウスを建設するスペースを確認し、3部屋の大きさも確認。
いよいよ3週間後には着工出来るとの事。
一時は出鼻をくじかれ「ぎゃふん」の状態であったが、今は役人も動いてくれたんだなぁ~と感謝冴えしている私であった。

その晩もダルバートであったが、隣の家から牛の肉をもらい(ここラムチェ村は仏教徒の村で牛肉は食べるのである)
スペアーリブの旨い部分をバーベキューにして、直接薪の中に入れ頃合を見て取り出してくれて食べさせてくれた。
全員で食事前の「味見?」であった。

その晩には、隣のお父さんと例の歌の上手い子どもが来て自慢ののどを聞かせてくれた。
身振り手振りが素晴らしい!
芸人にしたらとゲストも乗り気であった。

翌日もジープで下るのであるが、ゲストの青年は「やはり荷台」で下り、座席には座らず、ミナの心配を無視して下山。
直ぐにローカルバスに乗りバネパの街へ。

昼食をバネパの「アラニコレストラン」で済ませ、お土産を購入し再びジープに乗り換えて、サンガの銀杏旅館へと急いだ。
今回は、モデルハウスの建設現場を確認するのと、子供服の配布の作業をほぼ完全に終了出来たと「ほっと」している。







モデルハウス建設現場の更地
IMG_1037.jpg

IMG_1038.jpg

IMG_1039.jpg


子どもたちへの衣類の配布
IMG_1053.jpg

IMG_1050.jpg

IMG_1048.jpg






井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










スポンサーサイト
  1. 2016/02/29(月) 09:21:33|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラムチェ村と周辺山村への訪問-Ⅰ | ホーム | たった一つの「命」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/289-50d851ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード