ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

先の見えない燃料問題と活動

1月26日(火)天気:曇り 気温:11℃ 湿度:48%


今年に入っても天候の不順は続いている。
ここばかりでなく、世界中で気候変動?
兎に角、毎年この時期には見えていた「山が見えない」のである。
今回も「愚痴」になってしまうが、ご辛抱いただきたい。

雨の降りそうな雲行きにもかかわらず、「ちょろっと」しか降ってくれない。
今までは、雨さえ降れば季節が変わる。
誰が悪いわけでもない。

いや、人間が破壊した大気汚染が地球の温暖化を引き起こし、局地の氷が氷河が、崩壊して来ているのである。
それによる海流の塩水濃度の変化から来る、海流の変化が大きな気候変動を起している。
ここでも、雨さえ降れば、寒い冬の季節から春に向かうのであるが、それがなかなか来ない。

何処かの映画で見たような事がするが、現実になりつつある。
停電は確実に予定より多く実施してくれるから頭が痛い。
今も電気が来ていない、本当は電気のある時間帯なのに・・・
予定が立たないのである。

活動と同じで、燃料不足から来る諸物価の値上がりは、例年の値上がりに比べて確実に大きな幅で値上がりが感じられる。
通常であれば、年間10~15%の物価上昇であるが、このところ20%以上の値上がりである。

燃料も今は完全にストップした分けではなく、輸入のバルブを今までの10分の1にまで、絞られた状態で半年あまり経過。
長い間燃料不足による「活動の停止」を余儀なくされ、やっとここにきて
通常の価格に近い値段(本来105Rsであったが150Rs近い値段)に落ち着いてきたようで、
荷物の運搬が可能になりそうな雰囲気が見え隠れしている。
来月には再度政府高官とインド政府による話し合いがされるそうだが、結果は期待できない。

一時は政府が「元の値段で販売しなさい」との指導であったが、
業者が勝手に値段を上げて販売、この値段は政府の補助もあり業者は消費者と政府の両方から利益を得ていたことが判明。
早速是正され「元値」での販売が実施されつつあるも、ガソリンスタンドが決まっていて、
今までのような具合に簡単に補給が出来ないが「ゆっくり」と正常の方向へ動きつつある。
手始めに、購入してある鉄筋やその他の建築材料の運搬を急いで進める事としたいが、
まだまだ運賃が高いため遠方への運搬は出来ない。

従って、銀杏旅館の修復から手がける事にしたが、リビングと私の部屋さらに物置を再建しなければ、
客室が3部屋も少ない状態で営業しているため、手狭な事この上ない。
来月には着工したいと考え、毎日その準備に頭が一杯である。

さて、先の「通信」でもお伝えした通り、ラムチェ村での復興支援に向けて調査測量を急いでいるが、
何せ斜面の多い山村であり平坦な場所を確保するにも「山を削る」事になり、人海戦術での敷地確保である。
物資を送り込む前に、整地や水まわりなど先に出来る事から進めているのが現状である。
当然、銀杏旅館とラムチェ村の平行作業になるが、ラムチェ村はパトネちゃんが指揮し、
銀杏旅館はミナがマネージメントする形で動く。

今現在もラムチェ村での整地作業が行われていて、ここには次男のサロジ君が村人を指揮して作業にあたっている。
兄弟が多いと、多方面の仕事が同時にできるからいい。

ここで、みなさんにお伝えしておきたい重大な事柄を記載したい。
それは、ここネパールに於ける地震予測である。
アメリカの地震研究チームによれば、今後20年以内に
先の地震より大きな「阪神淡路大地震」と同じ位の地震が「カトマンドウ直下型」で来るそうである。
75周年周期の地震予測とは別にである。

このニュースはネパール全土に流れているが、「誰も何もしない」ばかりか、
カトマンドウの市街では新たに建設されている家屋が多い。
政府指導の家を作れば、20~30万ルピーの政府補助が頂けるそうであるが???

もちろん、修復もされているが、今までと同じような作りで「これで大丈夫か?」と首を傾げたくなる家屋も多い。
寺院も修復されているが「どうなる事やら??」
日本でも「東南海地震」や「南海地震」が来ると言っておきながら、何も動いていないのいは同じであろう。

果たして、本当にこれでいいのだろうか??
人類が増えすぎた?
世界がやっていることを、神がお怒りになって?
あまりに、自分勝手な事ばかりをしていると神でなくても「鉄槌」が下る事は確かであろう。







本来見えていたヒマラヤと現在の状況
IMG_3419.jpg

IMG_1702.jpg

IMG_3423.jpg

IMG_3421.jpg

IMG_3426.jpg

IMG_3425.jpg

IMG_1701.jpg

IMG_0755.jpg

IMG_0753.jpg

IMG_0752.jpg





井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。






では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita






スポンサーサイト
  1. 2016/01/26(火) 15:45:50|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ネパール通信」いよいよ戦闘開始! | ホーム | 一念発起!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/285-058a42ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード