ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

省エネで移動を最小限に・・・

月7日(木)天気:快晴 気温19℃ 湿度50%

今回はここでの燃料不足による、交通事情はじめ生活実態をご紹介し、エネルギーの重要性について理解を得たい。

ガソリンもプロパンも、今まで同様に使えるようになる見通しは全くない。
従って、唯一の自衛手段は「極力使わない」事であろう。
電気は今年から24時間中13時間以上の停電が実施されているが、
我が家はソーラーシステムとインバーターで何とかこなしている。

大使館から配信されたサンガの停電計画(1月4日から)

Su 04:00~12:00 16:00~22:00
Mo 04:00~11:00 15:00~21:00
Tu 05:00~14:00 18:00~22:00
We 11:00~19:00
Th 03:00~10:00 14:00~20:00
Fr 06:00~15:00 19:00~23:00
Sa 10:00~16:00 20:00~24:00

ここに示した時間帯が停電である。
これから毎月のように停電時間は長くなる。(最大で18時間/1日)

プロパンの代替燃料は「薪」である。
しかし、この薪が問題である。
国有林の伐採や植林地域の伐採など、勝手気ままな行動が目立つ。
ここでは、効果的な「かまど」を準備して廃材などを使っての食事の準備である。

この効果的な「かまど」はここサンガで作っていて中型が5000Rsほどするが、
極めて簡単に薪に火がつくから凄い。
かまど入り口が桟で仕切ってあり、自動的に下から空気が入る仕組みである。(添付写真参照)


街では、あれだけ走っていた車が激減し、排気ガスも少なく
いい環境が戻ってきたように感じるが、カトマンドウのタメル地区では相変わらず観光客の姿は極僅かしかなく、
ホテルや食堂も閑散としているのが現状である。
店主の中には「もうやって行けない」と言って店じまいするネパール人も多い。
貸し店舗では仕方の無い事実であろう。
家賃だけ支払って収入がゼロでは、「砂漠に水」の状態で収入にはならないのである。
こんな状況が半年以上続けば、大半の店は赤字でやっていけないのが本音。

国民の唯一の移動手段でもある「ローカルバス」は動いているものの台数が激減し、
何処で乗っても何時も満員状態で、以前は禁止されていたバスの屋根に乗る事も「黙認」されている状態である。
安全より、利用者の意向を考えての事だそうである。

日本とは大きくかけ離れている。

少し前になるが、日本の若者をバネパからバラビシまでの約2時間半をバスの屋根に乗って旅をしてもらった。
彼曰く「とっても面白かった!」との事。でも危険・・・・・

我々もよほどの事が無ければ移動する事を避けて、家で待機しているのが安全である。
全てに安全第一が優先する日本では、絶対にありえない事である。

新しい年「2016年は確実に動き出したが、ネパールの経済は
まさに「亀」の如くビスターレ・ビスターレ(ゆっくり・ゆっくり)と移動を始めたようである。

1月18日からはネパール政府の仕事で、ミナが地域の代表として1週間ほど「バングラデッシュ」に視察の出かける。
全てバスでの移動で、「車酔い」が心配なミナである。
酔い止めの薬をしっかり持たせる予定であるが、忘れずに飲んでくれるかどうかが問題である。

正月早々、良いニュースの何も無いネパールに唯一明るいニュースは、「ミナの視察研修旅行」である。
精精お年玉を奮発して持たせてやらねばと考えているが、
ミナは「お金は要らない、政府が出してくれるから」と言っても1万や2万は持って行かねば不安であろう。



井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。





「かまど」で揚げ物をする商店
IMG_0861.jpg

IMG_0862.jpg

IMG_0860.jpg





我が家の「かまど」
IMG_0945.jpg

IMG_0946.jpg

IMG_0949.jpg





では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita





IMG_3905.jpg



















スポンサーサイト
  1. 2016/01/08(金) 19:41:43|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一念発起! | ホーム | 過去に例の無い「電気の使い過ぎ!!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/283-30703301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード