ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

進路を阻まれて・・・

12月13日(日)天気:晴れ 気温:14℃ 湿度:60%


今回は、震災以降多くのみなさんに「257万円」と言う義捐金をいただきながら、
「何も形に出来ない」現状をお伝えし、支援活動の現状をご理解を得たいと考える。

震災から8ヶ月を経過した被災地では、緊急支援物資の「米や塩・油」さらに「トタン板や毛布」と言ったものは配布を終えたが、
肝心の住居は全くと言っていいほど復旧の目処は立っていない。
ネパールの憲法制定におけるインド政府の「仕打ち」も重なり、燃料不足が深刻化を増す日々が続いている。

最近ネパール政府とインド政府で話し合いが持たれ、近い内に解決出来そうな話も耳にするが、あまり期待は出来ない。
ネパールの悲劇は災害と外交問題が重なった事にある。

憲法制定時にインド政府から「このまま憲法を制定すれば連量を止める」と言われていたのに、
外交を無視して制定したのが今回の一番大きな原因であろう。こうなる事は初めから「判って」いた事である。

復旧活動がスタートする時期に外交問題の不手際から「燃料問題」が浮上。
多くの支援団体が「足止め」を余儀なくされてる。
ガソリンが無いため、物資が被災地へ運べないのである。

さらに、建築機材の高騰もあり手の出しようが無いのが現状である。
高騰する前の価格で「鉄筋・セメント」などは抑えたものの、限度がある。
何時もの価格に落ち着くまでは静観するのが賢明である。

そんな社会情勢の中でも、携帯電話は最優先!
こんな貧しい国ではあるが、携帯電話の普及は早い。
日本の普及率と同じ速さで、私たちより良い物を持っているネパール人も多い。

それが、バスの運転手・タクシーの運転手・役所の仕事中の役人・病院の患者からドクターまで会議中であろうが、
運転中であろうが「携帯電話最優先」で話し込むから始末に悪い。

買い物に行っても、店の店主がお客と話している最中に携帯が掛かって来たら、必ず受ける。
お客さんはその間「待ちぼうけ」である。
これでは、お客は逃げていくだけである。
若者にしても「携帯電話は命」と言った感じは、日本と全く同じである。

何時になったら平常の生活に戻れるのだろう?



12月4日のソワイヤンブナート(モンキーテンプル)
IMG_0863.jpg

IMG_0864.jpg

IMG_0865.jpg

IMG_0866.jpg

IMG_0867.jpg

IMG_0868.jpg

IMG_0870.jpg

IMG_0872.jpg





日向ぼっこの「猿」たち
IMG_0871.jpg






井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。











では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita












スポンサーサイト
  1. 2015/12/14(月) 11:33:19|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<過去に例の無い「電気の使い過ぎ!!」 | ホーム | ネパールの憂い>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/12/29(火) 11:11:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/281-3f0f0daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード