ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

全ての石油燃料が無くなるネパールでは・・・

11月13日(金)天気:晴れ 気温:18℃ 湿度:55%


今回は、隣国インドとの関係悪化によるネパールの燃料事情を中心に、地震後の生活実態を報告したい。

約2ヶ月前から、アラニコハイウエィにはカトマンドウの市街から
バラビセ近くのガソリンスタンド(ペットロールポンプ)には給油を待つ車の列が途絶える事はなかった。
そのため、狭い国道(バクタプルより東)では何時も渋滞が発生し、思うように進まないのが普通であった。

しかし、そのガソリンも「底をつき」個人の車には給油しなくなり、
モーターバイクや自家用車の一般市民は長いラインから外れて行った。

こうした交通手段でも国民の多くは「困った様子」も無く、普段どおりの生活をしているから不思議である。
このため国道には、あれだけ多くの車やバイクが走っていたのが「嘘」のようである。
ストライキの時より幾分車が多い程度である。

戦後、日本が急速な経済成長を遂げる原動力の「電力」は政府の方針で
「エネルギーを絶やしてはならない」との特命を各電力会社に出し、その利益も法律で保障して来た。
こうした「エネルギー基盤」の上に成り立った「高度経済成長」である。
原発を増設し、中東からのガソリンだけに頼らずに済むエネルギーの確保が進められたのである。
ここネパールにはとても出来ない政策である。

国民の95%が「エネルギーの要らない」生活を強いられているネパールでは、エ
ネルギーの確保など、全く無駄な政策としか考えられないのであろう。

もし、今の日本で電気の通電が1日でも止まったら「大パニック」になるが、ここでは全く問題にならない。
この違いを考えていただきたい。

是非ではなく・・・・人の幸せってなんだろう・・・

置かれた環境、育った環境が左右するものなのか?
自分の周りが同じ環境であれば「エネルギーが無くても」良いのかもしれない。
自分だけが悪ければ問題であろうが・・・・
今回はみなさんへの、問題提起としたい。






銀杏旅館で料理をするベルギーの仲間たち
IMG_0789.jpg

IMG_0791.jpg

IMG_0803.jpg

IMG_0804.jpg







バス事情
IMG_0768.jpg

IMG_0767.jpg

IMG_0770.jpg








現在のハイウエイの状況
IMG_0805.jpg

IMG_0806.jpg





井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。










では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita














スポンサーサイト
  1. 2015/11/18(水) 18:05:41|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひたすら「耐える」のみ | ホーム | 「燃料環境最悪」の中のラムチェ村>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/278-1ec8461e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (319)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード