ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

目から「うろこ」が・・・・

4月24日(木)天気:晴れ 気温:20℃ 湿度:50%


今回は、少し早い配信ではあるが「喉の検査結果」により、即入院となれば、
長期間配信できない事になりかねないため急ぎ配信した事をお許し願いたい。

先般の通信で「メールダラ」で行っているコンポストが上手く発酵していないとお知らせし、
どんな方法があるのかを模索中とお伝えした。
しかし、4月某日カトマンドウの日本人の経営するカレーレストランで
オーナーのご紹介で「本物のお百姓さん」に巡り合え、その方法を伝授願った。

やはり本物のお百姓さんは違う。
相当苦労もされ、泣かれた事も何度かあると考えるが、「決して負けた」とは考えないのが「素晴らしい」。
彼は「サツマイモ」の栽培で苦労されていて、「ジャガイモ」は鼠が食べないが
「サツマイモ」は上手いから食べるそうである。

初めは「鼠」を追い払う事をされていたそうであるが、最近では「共生」の道を選択され、
「鼠もお腹いっぱい」になればそれ以上は食べないと考えて「畑いっぱいにサツマイモを栽培したところ、
被害にあったのは5割で残りの5割は無傷であったとの事。

しかし歩留まり5割は、我々日本人の考え方からすればとても我慢出来る歩留まりではないが、
彼はそれでいいと言っている。
鼠との戦いに負けたのでなく、そこから共生の道を選択できたのであるから、それでいいのだ!と話して下さった。

肝心のコンポストであるが、酵母菌やヨーグルト菌に頼るのでなく「土」の中に居る「菌ちゃん」にお願いして、
「野菜くずと土を交互に積み重ねて」行う肥料作りを推奨された。
なぜなら、彼はネパール人の「根気のない」事を十二分に分かっていたからである。
そうであったか!っと「目からうろこ」であった。

ようするに「混ぜる必要がない」のである。
牛の糞尿のように置いておくだけでOKとの事。
感謝感謝である、これで次回の訪問時に実施して時間が経過すれば完成であるはず???


一方当方の病院であるが、4月17日に何度も通いなれた病院(ドリュケルホスピタル)へ
朝8:00に家を出て8:40ごろ到着。
既に、受付を待つ人々の列は30人を超えていて「早くでたのに・・・」と考えたが、
この人数は決して多くは無く、病院全ての受付なので、私の内科の病院には2~3人と少なかった。

診察と問診を受け、早速「胃カメラ:Gastroscopy」で診てもらうため、その支払いに行き、1100Rsを支払った。
伝票を持って新しく出来た病棟へ行くが1~4階はまだ未完成で工事中。
5階に来てようやく胃カメラの撮影機材のある階へ来たようである。

待つ事5分、「スジタマサノリ」っと呼ぶ声に「私です!」と言って出向くと
「きょとん」とした顔で「男なの?」と怪訝そうな言い方であった。(ネパールでスジタは女性名なのである)

私は日本人で「スジタ」は家族の名前です。と言うと理解されて通されたが、
部屋に入って直ぐに「ベッドに横になって」と看護婦さんに言われ素直に横になり
「起き上がって」と言われて起き上がると「虫除けスプレー」のようなものを口の中に噴霧された。

「ちょっと苦いよ」と言われたが、さほどのこともなくしばらく寝ていると、
看護婦たちの楽しそうな話し声に「自分がうつらうつら」して寝入ってしまった事に気づいた。

IMG_4726.jpg

何時から胃カメラをするのか?と聞くと後30分はドクターが忙しいから来られないとの返事。
さすが、ネパールである。
患者は「物」と同じで「待っているもの」だとする考え方にちょっと「むっ」となったが、
ベッドで寝て待てるのでまぁいいかぁ・・・

だったらちょっと寝ているかっと・・(ふとんもあって暖かい)
言われた通り30分ほどしたらドクターが来て「今から内視鏡で見て、
悪いところはサンプルを採取し検査する」と言って看護婦にマウスピースをはめられ、
私の頭は看護婦に抱え込まれて身動き出来ず、否応なしにカメラが口の中に入っていく。

IMG_4727.jpg


私の頭はまだ半分「寝ている」のである。
大型の画面に食道と胃の中が順に映し出され、やはり胃の上部に何か変な物があるのが確認出来た。
6箇所から採取されたサンプルは1週間後に結果が出るとの事で、
それまでは自宅で待機することになるが、通常の生活でいいとの話であった。

最後にドクターから「心配しなくてもいいから」「癌の確率は30%で70%は癌ではないし、
癌でも進行に時間が掛かる」と気休めのような慰めの声を聞いたが、
私からドクターに「私はもう70年も生きて来た、もう何時死んでも問題ない」と答えると
ドクターが「私もそう思う」と答えたから笑ってしまった。
ここでは癌患者に対し「癌の告知」は普通のようである。
一安心である。

残された時間にいろいろ整理ができるからである。





顔を出したヒマルチュリ・マナスル
IMG_4728.jpg

IMG_4732.jpg

IMG_4729.jpg








【井戸の外から】

昨今のニュースを見るにつけ、日本も世界から注目される「心の大きな国」になったものだと「嬉しいかぎり」である。
特に外交交渉やその対応には東南アジアをはじめ、
アメリカやヨーロッパ諸国から熱い眼差しで見られている事が読み取れるからである。



【ネパールの習慣】

先般も記載したが、やはりここのペンを執った時の動きが可笑しい・・
病院の先生すら問診表を90度に立てて、下から上に向かって英語で書いているのである。
しかし、これが何か不都合でもあるかと言うと「無い」。まぁいいか・・









では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita











スポンサーサイト
  1. 2015/04/24(金) 09:36:48|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<緊急地震報告(その一) | ホーム | ネパールの時間に対する考え方>>

コメント

ご無事で何よりです

心配してましたが、報道を見てひとまず安心しました。http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150427/201504270930_24806.shtml
筋田さんの体調もミナ達も気になりますが、続報を待ちます。
  1. 2015/04/27(月) 15:04:04 |
  2. URL |
  3. 大塚(岐阜) #TmZZ5/Vc
  4. [ 編集]

安心しました

土曜日の一報以降、ネパールを訪れた事のある旅仲間達が大好きな国の惨事に心を痛め、逐一情報のやり取りを続けています。岐阜新聞を拝見して、筋田さんのご無事を知り、安堵しました。日本でもたくさんの人達が大きな関心を寄せ、心配しております。必要な支援がありましたら、是非とも現地の生の声を聞かせていただきたいです。大変な状況下ですが、皆様どうぞ御身お大事になさって下さい。祈っています。。。
  1. 2015/04/27(月) 21:40:53 |
  2. URL |
  3. 北野 #L9s05DP.
  4. [ 編集]

地震の被害にあわれた全ての方々にお見舞い申し上げます。
突然のメールで失礼します。
私はロータリークラブのメンバーで青森(2830地区)で活動しています。農業支援が縁で知り合いました、ネパールのアネコット村のタマンチカコさんの安否情報を探しています。チカコさんは秋田出身の女性です。それとドゥリュケルのロータリークラブの情報も探しています。
よろしくお願いします。
  1. 2015/04/30(木) 16:08:50 |
  2. URL |
  3. 坂本幸光 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/254-9653c29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード