ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

新学期直前のメールダラ訪問

3月27日(金)天気:晴れ 気温:21℃ 湿度:55%


今回は、8月に学生さんたちが活動するための視察調査のために、
学生団体のリーダー&サブリーダーである「長尾さん」と「中澤さん」のお二人が来られ、
現地での本番に備えて万全の準備をすることが目的である。

このお二人のメールダラでの活動を知って、長野県の男性も一緒に参加され共に行動する事となった。
今回の「新たな取り組み」として「絵本の読み聞かせ」に取り組んでいる彼らは、カトマンドウの本屋さんで調査するも、
なかなか思ったような絵本が見つからず、再度調査することで現地に向かった。

3月20日(金)午前8:30、お願いしておいたジープに乗り込みメールダラへと出発。
今回は、ミナは日帰りでカトマンドウへ戻り、事務所の仕事や銀杏旅館の工事の仕事をこなして、
23日には弟のサロジ君が軍隊のトレーニング期間を終了し戻ってくるため、
トリスリまで荷物の引き取りや式典参加で、忙しい1日になる。

さて、20日に予定通り出発した調査隊?のジープは途中、生鮮野菜の買出しや昼食を済ませ、
いざ学校へと思いきや、この時、学校では学年終了試験の真っ最中で、ジープのドライバーさんに
学校の先生から「今到着すると子供たちが試験を放棄してしまうので、少し時間を遅らせて欲しい」との事。
我々は山の中腹で「休憩?」する事となった。

15~20分ほど待って再び出発。
定刻の12:30には学校へ着き、試験の終った子供たちが「走ってジープ」まで荷物を運ぶお手伝いに来てくれた。

IMG_4657.jpg



「しゃくなげの花」のマラを一杯いただき、歓迎の式典は終了。
この日は特に仕事は無く、子供たちとの交流を楽しんだ。

翌日は学校が休みで、子供たちも一緒に学生さんたちの新企画である「ハイキング」のコースを調査に出かけた。
片道2時間の道のりは「決して楽」なものではなかった。
「ヘロヘロ」になって学校に戻った。
結果、なかなかいい場所である事が分かった。

この日も1日中子供たちは「二人の日本人」から離れず、
空きあらば独り占めしようと、虎視眈々と狙っていたのである。

夕食後、流石に疲れた「お二人」ではあったが許されるはずもなく、
子供たちとの強制交流に引き込まれ、
夜9:30ごろ「そろそろ終りましょう」と管理人の奥さんの一声で「さっと」引き上げて行った。
とたんに「静か」になった我々の部屋でお互いの顔を見合わせて、
「先ほどの喧騒」は何だったのだろう?と首を傾げる一幕もあった。

さて、最終日の朝は子供たちの試験の終るのを待って、午後2時から「子供の衣類」を配布。
3年ほど前までは「どんな服」でも喜んで貰ってくれたが、最近では「子供が衣類を選ぶ」ようになり、
サイズの合った服を差し出すと「これは嫌」と返してくる一幕も時々見かけるようになった。
「これではいけない、一時衣類の配布を中止して様子を見よう」と次の作戦を考えなければと反省しきり。

IMG_4596.jpg

IMG_4629.jpg

IMG_4630.jpg

IMG_4631.jpg

IMG_4632.jpg

IMG_4633.jpg

IMG_4637.jpg

IMG_4634.jpg




一方「高倉コンポスト」はと言うと、我々がキッチンとして使う部屋に置いてあり、
酵母菌が旨く増殖していないのが放置してあった。
チアーマン(村長)にどうして連絡した通り「攪拌」してないのか?と聞くと
「やってもやらなくても同じ」だからと「全く関心をしめしていない」

これでは、次の「日本の雑穀」のプラントも極めて心配な状況である。
どうする!どうする!
今現在作戦を「思案中」である。 またまた 「とほほ・・・」であるが・・・

しかし、負けてなるか!!!
必ず「日本の雑穀」を作ってやるぞ!

最終日の23日の夜は例によって賑やかな「送別会?」になった。
日本人のお客さん全員がダンスに参加してのパーティーとなり、午後9:30ごろまで、「なごり」を惜しんだ。

銀杏旅館に戻る「牛乳トラック」を待つ間に、多くの村人や子供たちとの挨拶や記念撮影で、
最後に「管理人さんの奥さん」が一緒に写真を撮ろうと「長尾・中澤さん」たちに声を掛け、
撮影が終ると「力強い抱擁」をしながら「また来てね」と耳元で囁かれた「中澤さん」の目には、
いつしか「キラキラ」光るものが・・・・

トラックはどんどん下って行くが、子供たちも直線距離で下って来て、
何時までも「手を振って」いたのが印象てきであった。

スクテに到着後、いつものお茶屋さんで一服。
その間に「おじぎ草」を取りに出かけ、15分後迎えのジープに乗り、一路バネパのレストランを目指した。
帰りは僅か2:30程で帰ってきて、人も車も「下りは早い」と思った。

銀杏旅館に戻り、またまた「サプライズ!」
大きなシェパード犬が居るではないか!
アシス君に聞くと、サンガの町で貰って来たとの事。
お尻に怪我をしていて、飼い主が「捨てたがっていた」のを貰って来た。
日本でも同様の飼い主があるが、「怪我をした犬」には何の罪もない。

「多少のお金が掛かってもいいから、怪我を治してあげなさい」
そして、銀杏旅館で飼ってもいいよっと言うと
アスス君(一番下の弟)が喜んで「散歩は私が行くから」と言って早速犬のご飯を運んで来た。
名前は「カロ:黒」と言われていたそうで、同じ名前の日本語で呼ぶ事にした。




いっぱいのシャクナゲ
IMG_4577.jpg

IMG_4578.jpg

IMG_4579.jpg

IMG_4581.jpg

IMG_4582.jpg




大学生のメールダラでの様子
IMG_4558.jpg

IMG_4590.jpg

IMG_4639.jpg






銀杏旅館の新スタッフ?「黒ちゃん」
IMG_4660.jpg

IMG_4661.jpg








【井戸の外から】

最近、特に感じる「若者の二分化」はここネパールでも同じである。
一つは「旅の恥はかき捨て」的な若者と、日本と同じマナーで行動する若者である。
通常は前者の考え方の若者が多いのであるが、ここ銀杏旅館に来られる若者は違う。
わずか19歳や20歳でも素晴らしい発想の持ち主が居る。
自分の身体の心配どころか、ネパールの子供たちの心配をしている若者を見るにつけ、
「まだまだ日本は救われる」と感じている今日この頃である。
本文に出てくる若者たちの事である。




【ネパールの習慣】

ここネパールでは、ペットを飼うというより「門番?」を飼うと言った考え方で犬を飼う家が殆どである。
従って、病気や怪我をした犬は「捨てられる運命」にある。
現に我が家のラスミちゃんも「怪我をした犬は捨てて来て」と言って「薬や手術」に掛かる費用が無駄だと主張。
さもあろう、自分たちの生活さえままならない人々から見れば、犬にかける費用など全くの無駄との判断もうなずける。
しかし、私は日本人である。
そんな惨いことが出来るはずもない。
幾ら掛かってもいいから「直ぐに治してあげて」とアシスに依頼。






では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita















スポンサーサイト
  1. 2015/03/27(金) 15:44:46|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ここでも始まった「価格破壊」の波 | ホーム | わっ!モバイルがない!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/251-8312fb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード