ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

堪忍袋の緒が切れ「実力行使」!

2月27日(金)天気:星は見えない 気温:16℃ 湿度:60%


今回は以前にもいろいろな形で記載してきた「ネパールマインド」との葛藤について、どうしてもお伝えしたい。

新銀杏旅館が出来て、「ほっと」している暇もなく、次から次へと「湧き出てくる」ネパールマインドとの戦いは、
パトネちゃんのお嫁さんが「出産」のため銀杏旅館に来た時から多発。
ラムチェ村からは、ミナのお母さんも来てお嫁さんの看病である。

パトネちゃんが、ラムチェ村での出産を「危ない」と考え、
ここ銀杏旅館に事前に連れてきて陣痛の起きるのを待っていた。
約一ヶ月後、陣痛があり、深夜にドリュケルの病院に送り込んでから10時間後元気な男の「赤ちゃん」を出産。

病院に居るとお金が掛かると言って「銀杏旅館」へ3日後に連れてきて3週間、
親戚のみなさんが「来るわ来るわ」毎日のように見学?に訪れ泊まっていかれる。

まぁ、それは文化だからと何も言わず放置していた。
しかし、キッチンの使い方が「めちゃくちゃ」になってしまった。
お母さんはじめラスミや親戚の人、はたまた近所の村人と、入替わりにキッチンへ迎え入れて
お茶を飲ませて話し込む事になる、これでは調整すら出来ない。

ミナがキッチンでのルールを書いて壁に貼ってあるにもかかわらず、
素足やスリッパで部屋からキッチンへ出入りし、肉料理を作っては部屋へ持ち込んでいるではないか!
これでは、せっかく作ったルール(専用スリッパを履く)もキッチンの壁に貼られて悲しそうに見える。

先日、タメルにある日本食レストラン(白髭の日本人男性)のオーナー曰く、
「幾ら教えても彼らの考え方は変わらない、なぜならDNAがなっとらん!」
どうしても直したいのなら「背中を何度もひっぱ叩いてでもやらないと直らん!」言われ、
彼も相当にネパールマインドに対してご苦労されていると聞いた。

彼らには、専用の道具と言う文化がないのである。
たとへ私の物でも「黙って使って壊す」から始末に悪い。
だから、使われて悪いものは「鍵」をかけて、しまっておく毎日である。

しかし、ここは踏ん張りどころである。
キッチンはタイルの床面なので、素足では「冷たい」事このうえない。
だから、スリッパを最低限の3足にしてしまった。(今までは5足)
何人もキッチンへは入れない状態にした。

さらに、彼らの食事の時間がこれまた「めちゃめちゃ」で決まっていない。
夕食などは午後7時頃にも食べるし、午後10時頃にも食べし、12時にも食べる。
つまり、各自のお腹が空いた時が食べる時である。
だから全員一緒に食べる必要性を、全く理解しないのである。

しかし、何時までもキッチンを使われては最後の点検が出来ない。
もう~我慢の限界!!!
この点検は、私自身がやっている。
そこで、これではいけない!
何とかしなくては・・・、と考えて、私の就寝時間に合わせてキッチンのドアーを閉めて鍵を掛けてしまった。

これには彼らも驚き、慌てて、「キッチンを開けて~」と言って来たが開けない。
定刻までに食事を終えて後片付けをするように言ってあったが、出来なかったため初めての「実力行使」であった。

ミナは友人の「植林活動」で居ない、パトネちゃんもエベレストのトレッキングで居ない。
居るのはラスミ・お嫁さん・お母さん・赤ちゃん・親戚の方々数人である。

すると、植林活動のトリスリから、夜10時ごろミナからの電話。
何があったの??
多分ラスミちゃんがミナへ連絡したようである。

理由を説明し、ルールを守るために仕方なくやった事を伝えてミナも納得。
翌日からは「慌てて食事」をするラスミたちを見ることになった。
こんな毎日が「銀杏旅館」で繰り広げられている。





カトマンドウへ向かう混雑する道路の様子
IMG_4477.jpg

IMG_4476.jpg

IMG_4475.jpg





ミナのお父さんが来て、赤ちゃん誕生のお祈りの様子
(赤ちゃんも線香の煙で煙たいよ~っといっているよう)

IMG_4480.jpg

IMG_4481.jpg








【井戸の外から】

今年はここネパールでも特に天候が不順である。
2日ほど前にも朝から曇り空で、とうとう雨になった。
やはり、今年の梅雨は早くなるかもしれない。
お陰で、停電も1日あたり11時間(7時間・4時間)といたって少なくて済んでいる。





【ネパールの習慣】

今回は同様の内容であり割愛させていただきたい。













では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita
















スポンサーサイト
  1. 2015/02/27(金) 14:54:48|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何の役にも立たない「プライド」 | ホーム | 自由ってなんだろう?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/248-c1f4585c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード