ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

唖然!を幾つか・・・

1月29日(木)天気:快晴 気温:21℃ 湿度:45%


『学校の制服』
現在高校に通うラスミとアシスであるが、毎日のように「靴を磨き」制服を綺麗にかけておく。
ここネパールでは学校の制服は彼らにとって「重要なステータス」と言っても過言ではない。
これは制服だけの事で、他の衣類となると正に「山積み」状態である。
使った衣類と洗濯した衣類が一緒に置かれ、毎回「匂い」を嗅いで確認している姿は「滑稽」である。


『ローカルバスは運転手の「自家用車?」』
途中に用事がれば、大型バスを「玄関横付け状態」で15~20分も止めて自分の用事を済ませて、ゆっくりと戻ってくる。
この間乗客も何も言わないから不思議??



『バスの中での出来事。だっこしていた「子供の青鼻」を親が手でふき取りバスのシートに「ねたくる」!!!』
ある朝、サンガからカトマンドウ行きのバスに乗った時の事、
向かい側に座った若いお母さんが青鼻をたらした子供を抱いて座っていた。
ここまでは「ほのぼの」とした気分で乗っていたが、
突然子供の「青鼻」をお母さんが指で拭き取り、
自分の座っていた「座席」のシートに子供の青鼻を「ねたぐりつけて」いるではないか!
「うへ~!」である。
誰がその後に座るのか???
他の乗客も見ているが、何も言わない???ここの常識か???



『バスのドアーは走行中「開けっ放し」』
まだ1月の終わりと言えば外は寒い。
それが、走っているバスのドアーが開いていればなおさら寒い。
ここネパールでは街中を走る時には閉めているドアーも町を過ぎれば開けっ放しで走行。
入り口近くは「女性専用の席」になっていて「寒い」のを我慢して乗っている。
車掌に「ドアーを閉めて!」とは言わないから不思議???



『朝8時:30カトマンドウ行きのローカルバスが途中で停止』
運転手も車掌も居なくなり、15分間エンジンを掛けっぱなしで警察と話ている。どうも運転免許証の期限切れらしい・・・・
ここサンガからカトマンドウまでのバスの道のりは、途中数箇所の「検問」を通過しなければならず、
その検問でのチェックで免許証の期限切れが発覚!
約15分ほど止められ罰金を支払い、再び動き始めた。
この間、乗客は全く動揺せず、ただおとなしく待っていたのには関心させられた。




『整理整頓なる観念がない』
今回、銀杏旅館のリニューアルに伴い「多くの部屋の鍵」が作られた。
今まだは2~4個ほどであったが一度に10個以上の「鍵」を管理する事になり、とまどうばかりである。
先日もミナが2個の鍵を何処に置いたのか忘れてしまい、そのままカトマンドウの事務所の仕事についてしまったため、
長い間2つの部屋の「鍵」が無い状態であった。
物を片付けるとは整理することであり、余分なものを捨てるのである。
さらに整頓とは何処に何があるのか直ぐに分かるように置いておくことであるが、
これが全く出来ない彼らを如何にして「覚えて」もらうかが問題でもある。





ローカルバスの中の様子と町の様子
IMG_4434.jpg

IMG_4433.jpg






最近、コーヒー&お茶の移動販売?が出現!タメルの街の中を歩き回って販売している様子
IMG_4435.jpg

IMG_4436.jpg

IMG_4438.jpg

IMG_4437.jpg







色即是空:人としての欲望を捨てよ。
食うてババして寝て起きて、さてその後は死ぬばかりなり。
これでは何で生きているのか「分からない」とこれを否定してかかるが、
最後に「何も持っては逝けない」事を悟れば、少しづつではあるが、欲望を捨て去る事が出来よう。





【井戸の外から】
イスラム国での悲劇が日本を圧倒している。
諸外国での対応に慣れていない日本の政府も、今度ばかりは必死で動いた。
しかし現実の壁は無情である。
自由に何処へでも行ける日本人だから起こる今回のような問題は、ある程度不可抗力の部分もあろう。
しかし、今回の安倍政権の採った「テロに屈せず、身代金を払わない姿勢」は今後も大切にすべきであろう。


ネパールの習慣:今回は割愛させていただきたい。









では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita
















スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 20:58:36|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネパールの病院・・・・ | ホーム | 覚えてもらう事は戦い!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/245-28a889b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード