ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

どんな明日が来るのか楽しみ・・・

12月7日(日)天気:晴れ 気温:14℃ 湿度:50%



今回は、今取り組んでいる「堆肥」の普及活動を紹介しながら、人生の楽しさを知っていただけたら幸いである。

今月から始めた「堆肥の普及活動」は、当然はじめからスムースに事が運ぶとは考えていない。
集合時間は守らない・責任感はまるで無い・他人の為には何もしない・
こんなマインドの中で行う「堆肥の普及活動」は「忍耐と笑顔と努力」なくして出来ない仕事である。

でも、これが面白い!
無から作り出す「形」こそ、「喜び」であり「ごみ」から「宝物」を作り出すのである。
これは、野菜くずから作る「堆肥」であり、原材料となる「野菜くず」が重要なポイントとなる。

培養する「菌」はヨーグルト菌・地酒を造る酵母菌など何でもOKであり、入手可能な「菌」ばかりである。
これに「砂糖」を加えて「培養」し、もう一つは野菜くずに「塩」を入れて同じように培養するものと2種類作る。
今までは、野菜くずを集める工夫をしていたが「現地で作っては?」との助言から、
まさに「目から鱗」のような発想であり、はてさて山村の「あぜ道」で「野菜の種」を蒔くことになろうとは、考えもしなかった。

しかし「発芽」したものを蒔けば、同時に成長し歩留まりも小さくて済む。
とにかく「やってみる」事である。
百姓「ばんざい!」である。



さて、今回の活動でもご理解いただけると思うが、「作り出す喜び」は正に生きる喜びである。
若返りの方法をお伝えしたい。
既に多くのみなさんがご承知だと考えるが、
現実には読んだだけで終わり実行に移されていない方が多いのではと記載するに至った。


『 青春 』  サミュエル・ウルマン
第二次世界大戦中に、マッカーサー元帥が座右に置いていたという、アメリカの詩人、
サミュエル・ウルマンの詩をご存知の人も多いだろう。

青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞(たくま)しき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、
こういう様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときにはじめて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。
とにかく「やってみる」事である。



【井戸の外から】

12月に入り、日本列島は「寒気」に覆われて九州でスキー場がオープンしたとか、
車が積雪で動けなくなり自衛隊による強制撤去までされていると言う。
何と「自然の偉大な力」の前には全く無力な人間である。
この寒さの中、選挙戦が繰る広げられているが、
「争点のない選挙」だの「無駄な選挙」と言う前にまず「投票」に行く事をお勧めしたい。

現在、香港では学生たちによる「自由立候補制度&選挙のありかた」について
政府との間で激しい権利の主張をめぐる戦いが繰り広げられている中、
投票率が50%を切るような事では、義務も責任も果たしていないと考えられても当然であろう。

それで代えられなければ、他には方法がない。(クーデター以外には)
選挙に行かない人が、クーデターに参加するはずもなし。
愚痴は無用、選挙結果に民意が反映されるのは「民主主義」の世界であれば何処の国でも同じであろう。



【ネパールの習慣】

使った物を元の位置に戻す、と言う習慣が全くない。
小さなものは「針と糸」のようなものから、歯ブラシやペースト・大きなものはベッドや寝具に至るまで全てである。
それを「指導?」するのは「至難の業」でもある。
だから、はじめはキッチンの道具からの指導であるが、定位置を決める事からはじめるが、先が思いやられる。






IMG_3878.jpg

IMG_3880.jpg

IMG_3882.jpg

IMG_3885.jpg

IMG_3886.jpg









では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita



















スポンサーサイト
  1. 2014/12/08(月) 15:38:40|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福井の山口さん一家のネパール訪問記! | ホーム | 災いの「根源」を正す勇気を!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/239-8951e4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード