ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

借りてきた「猫」

9月23日(火)天気:晴れ 気温:22℃ 湿度:70%
(でもヒマラヤは見えず。)

やっと雨期も終わりに近づいて来たようである。
時折、ランタンリルンやヒマルチュリが顔を出してくれるようになった。

今回は、ネパールにおける「猫事情?」についてお知らせしたい。
ネパールではいわゆる 飼い猫と言う習慣はなく、猫は地域を管理?していると言っても過言ではない。

先日、ミナのお父さん:アバに「私の部屋で2匹のねずみが喧嘩をやっている」と言うと、
お父さんは「黒猫」を捕まえて来て、「これを部屋に入れておいて」と言って入り口を閉めた。

猫は「ミャーミャー」と鳴きながら部屋中を動き回っていたが、
その内に扉にガリガリと爪を立てて「出して欲しい」ような素振りを見せていたので、
「可愛そう」になり、外のベランダへ出してやった。
この間約1時間ほどで、ねずみの喧嘩は自然に収まったから不思議にである。


別件で、先日のとても恥ずかしい一部分をお伝えしたい。
当方がポカラで「無免許運転」で捕まった事である。
因みに、当方の免許証は普通免許をネパールのものを持っている。
しかし、2輪車は持っていなかった。
つまり、自分でも十分悪い事は知っていてやっていたのである。
ネパールのおまわりさんに「ごめんなさい」!

でもポカラでは、観光客は誰もバイクを借りる事が出来る。
無免許でも???
貸してくれるから乗ってしまう???下手な言い訳・・・

レイクサイドでは検問もないからに他ならない。
外国人の街だから??
何時も、ポカラではをスクターを1日借りて、必要な行動の円滑化を図ってきた。
と言うのもタクシーを使うより安いためと、
レイクサイドから2~3Kmの距離であれば警察も検問をしていなかった事も幸いし、
過去10年ほど捕まった事は一度も無かった。
これが間違いであったと反省しきり。

朝8:30ごろレンタカー屋さん(路上商店)で値段交渉して、500Rsでガソリンは自分持ちと言うことで了承。
早速ガソリンを入れに空港近くのペットロールポンプ(ガソリンスタンド)へ行き、
3ℓ・405Rsほど入れ早速行動開始!

再度レイクドに戻るため、ダムサイト経由の凸凹道を進んだ。
すると、この10年で初めての検問があるではないか!逃げるわけにも行かず、
ポリスの支持に従い停車すると「免許証を見せて欲しい」と言われる。

仕方なく普通免許のみの免許証を出すと、
「これは乗用車の免許で2輪ではない」と言われ、
「あっちで200Rsを払ってくれ」と言われるまま200Rsを出すと
「キップにサインをしろ」と言うのでしぶしぶすると、「これでOK」と言って行ってもいいと言う。

心配になって「このバイクはどうする?」と聞くと「問題ない」と言って、
「今度、違うポリスに捕まると再度200Rsを出さねばならないので十分注意して運転しなさい。
また、私だったらスルーしてあげる」と別れ際に握手までして返してくれた。
仏様のようなポリスであった。

IMG_3462.jpg




もう一つ、ポカラの最新でもない(3ヶ月前)ニュースについてお伝えしたい。
それはツーリストバスの事である。

カトマンドウでは何時もジャーマルの路上に並んでいるツーリストバスに乗るが、
ポカラでは広いバスターミナルがあって、そこに着いたり、乗車したりと
結構馴染み深いターミナルでもあった。

3ヶ月ほど前に、ポカラの役人とバスを運行する会社とが
「駐車場利用費」の支払いを巡り喧嘩になったそうである。

つまり、路上での乗り降りであれば、不要な「駐車場利用費」の支払いは役人にとっては諸刃の刃で、
狭い道路を客待ちに使われては、渋滞を引き起こすかもしれない、との懸念もあり
広い駐車場を提供してきたが、バス1台に付き150Rsの駐車料金を支払う事に難色を示した結果、
路上での客待ちになったそうである。

運行会社でも、我々が客を運ばねばポカラの観光客は激減する!と息巻いていて、
なかなか結論は出そうに無いのが現実である。

当面は路上での乗り降りが実施されるが、駐車場の中で営業していたお茶屋さんや
ジャーマンベーカリーのパン屋さんが被害甚大であろう。

レイクサイドには全てのバスが行くので、最寄の場所で降りられるが乗車するには、
今までの大駐車場の前にある路上から乗車することになる。

IMG_3476.jpg
IMG_3477.jpg




さらにもう一つ、ポカラでの建設ラッシュにおける???を一つ。
幾つものホテルが建設されて、前後して建てているさ中に、お互いに建物が干渉する場合がある。
日本では絶対にあり得ない光景でもある。

建物の「壁」の部分が干渉する事は少ないが、
ひさしや柱の一部分が先に建てた方の柱やひさし・柱の一部分が否応なしに削られるのである。
でも文句は出ないし、少し話し合いがなされて建設は進んでいくのであるから不思議である。


IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3465.jpg
IMG_3466.jpg





【ネパールの習慣】
一番下のアシスとラスミが高校へ通い始め、早朝5:15ごろから学校に行くための準備に毎朝忙しい。
前の晩に準備すると言う事はしない。何度言ってもやらないのである。
彼らは無駄?な事と考えているようで、探し物も毎日の事。
寝入っている私は何時も起こされて、
昼間に睡魔がやってくるのがここの学校へ行くまえの状況である。
兎に角毎日である。これもネパールである。




IMG_3425.jpg
IMG_3423.jpg
IMG_3424.jpg
IMG_3416.jpg
IMG_3419.jpg




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita













スポンサーサイト
  1. 2014/09/25(木) 09:55:07|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<あるがままを受け入れる | ホーム | メールダラでの調査活動報告>>

コメント

初めまして。最近ネパールに住み始め,同じような人たちのブログも読み始めたんですが。ずいぶん前から住んでらっしゃるんですね!

わたしもバイクが欲しいなと考えているところなんですが,やっぱり免許はちゃんと作らないといけませんね。参考になりました。
  1. 2014/09/30(火) 14:12:56 |
  2. URL |
  3. ネパールてすかーらん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/231-277e4e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード