ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

2014年総括

7月14日(月)天気:曇り 気温:24℃ 湿度:68%

今回は帰国を直前に、1年間の生活&活動の総括をさせていただきたい。

昨年夏にネパールに入ってからの生活と活動は、正に変化と驚きの1年であった。
通常活動は除き、変化の部分に絞ってお伝えしたい。
ここに、来て10年と言う節目でもある2014年は、今までの活動のやり方をも変えていくほどの変化であった。


・子供たちの支援

具体的には、「子供の支援活動」のやり方が、多くの学生さんたちにより
最も重要な「一般家庭への立ち入り調査」が助けられる事となったことである。

これは、以前からのブログをご覧いただければ、その経過はご理解いただけるが、
調査活動には自分たちの移動費用と生活費が必要なだけで、子供に対する「支援費用」はゼロである。
つまり、「自分たちのため」の活動である。今年8月から実施に入る予定。

しかし、これが一番「活動する者にとって大切な部分」でもある。
なぜなら、大きな勉強が出来るのはこの活動の部分であるからに他ならない。

一軒一軒の家の事情(どんな暮らし方をしているのか)を調査できるのである。
通常の環境と人間関係では「絶対に出来ない」活動でもある。

今回の調査対象の部落は標高1500mほどの山岳民族の村「メールダラ」であり、
約50軒ほどであるが、山道を登ったり降りたりしながら1日に何軒も調査は出来ず、
精々2~3軒が限度と考えている。

それぞれの家でも欲しい情報は、なかなか「教えてくれない」のも現実、じっくり構えて根気よくやる以外にない。
その結果「一点一様」の対応が出来るのである。
さらに、勉強にもなり、やろうと思えば「自分磨き」もできる。
こんな「ありがたい」活動は、なかなか他では経験できない。

今まで、この「美味しい部分の仕事」は私だけで「食べて?」いたが、
これからは学生さんたち若い人も「食す?」事になる。
従って、今年8月は「試食会?」にあたる。
でも「嬉しい」限りである。
活動した本人たちの評価が年々出てくる事を期待したい。

今期は、昨年から進めて来た実態調査から10人の子供たちに学校へ通ってもらえる事になり、
合計で27名の子供の支援に結びついた事は大きく評価できるものと考える。

これは通常の活動であるが、子供の健康(栄養状態)を考えた支援体制が必要であり、
適切なヘルスチェックが出来るよう考えていきたい。
過去には1~2回ほどヘルスチャックのような事をやった事もあったが、十分とは言えない。
大きな課題である。


・初めての「運動会」

今まで、子供たちに「楽しんでもらう」活動は全く考えていなかったため、
実施したときの子供の笑顔に「満点の喜び」を得たのは、我々自身であった。
勿論子供も喜んだが、それ以上に我々が喜んだ事は評価に値する。
ただ、準備が思うように出来ない現場なれば、事前準備の必要性を感じたのも事実である。


・学校スリーブメソリープライマリースクールの改修修理
(ボランティアの助っ人作業)

この部分には何百万円と言うお金を必要とし、日本をはじめベルギーの仲間からも支援金をお預かりし、
学校の工事費用に充ててきた。
改善内容については、随時、画像をブログに掲載して報告させていただいてきたので、参照願いたい。

具体的な改修内容は下記の通り
【改修ポイント】
・木造校舎の改修工事・ペイントなど
・校庭の柵(フェンス)の作成
・校庭への門扉(ゲート)の作成
・水道工事による「飲み水」の確保
・石造りの舎の内外のペイントを含む改修&屋根の取替え
・椅子&机の増設
・トイレの屋根のスラブ化(セメントでフラットに)など
・さらに学生さんたちが自力でチョウータラの改修を手がける

など、大きな改修が出来る事になった事は評価したい。
(10月~11月には完成予定。)



・マテ村(略称)へのソーラーシステムの設置

これは名古屋の大須ロータリーのみなさんからの依頼で
ネパールの電気の無い村へ「ソーラーシステム」を寄付をしたい。ついては、そのお手伝いをしていただけないか?
との問い合わせから始めた仕事であったが、大須ロータリーのみなさんも相当苦労された現地へのアプローチであった。

何せ電気の無いような僻地を訪問するにあたり、
全く予備知識の無い方々を送り込むのは「多少無理」があったようである。

片道4時間半ほどの道程も、ネパールバンダ(ストライキ)によって、
通行が極めて困難になり、予定より数時間も遅れて到着し式典もそこそこに引き上げて来たが、
現地での式典準備も全く無駄になったことは大きな反省点である。
詳細は岐阜ネパール会のブログを参照願いたい。

結果的にはほぼ予算の250万円に15万円ほどプラスして設置を完了できた事は評価したい。


・スカイプによる日本とネパールの子供たちの画像交流

メールダラの子供たちと名古屋大須小学校の子供達がPCのスカイプで「国際相互交流」を図る事ができた。
これは大須ロータリーのみなさんの要請でメールダラから13名の子供と2人に先生を「銀杏旅館」まで連れて来て、
銀杏旅館のミナの司会兼通訳で始めた映像交流は、それぞれの子供たちに多くの興味を示す事となり、
約40分間のスカイプ交流に成功。

交流に使うPCの付属品などは(カメラ・三脚・スピーカー・マイク)ロータリークラブのみなさんからのご寄付であった。
(これからもこうした交流が可能)
大須ロータリーの方々に感謝したい。


・カジャの配布実施

今期からメールダラの子供たち42人に対し、昼食(カジャ)の配布が出来るようになっ た。

東京の「某建設会社」のご厚志で定期的な配布が可能となり、
子供のカーストの違いから(貧富の差)カーストの低い子供たちだけに配布する事が出来ず、
やるなら 全員を対象としなければならなかったため、今まで出来なかった。
詳細はブログを参照願いたい。

予算的に出来ることではなかった事だけに「嬉しい」限りである。



一方、銀杏旅館でもサロジが「念願の軍隊」への入隊が決まり、5月から移動して、
代わりにラスミ・アシス君が銀杏旅館へ来て居る。
今年は、ミナのお母さんの病気騒ぎ(脱走事件?)から始まり、
パトネちゃんの転落事故や私自身の入院騒ぎと病院にお世話になった年である。

そして、最後に「新銀杏旅館」であるが、遅々として建設が進まず、毎日「やきもき」している状態である。
胃が痛くなるような進捗状況の中で、目を離せば直ぐに「さぼる」し、
ノコギリやハンマーは見ていないと家に持って帰ってしまう。
建設機材のセメントや鉄筋にしても同様である。

ここでは工具の整理整頓など全くない!
使ったらその場に置いて、翌日にまた使うかそのまま放置である。
昨日もスコップが2本も無くなっていて、調査したが出てこない。
仕方なく2本のスコップを買いに走り、間に合わせたが・・・とほほである。

ここはネパールと思い諦める・・・・妥協妥協で「ずたずた」にされる神経であるが、
自分磨きと考え「怒る自分が惨め」に思えてくるから可愛そうでもある。

しかし、自己中のネパールマインドには今尚、泣かされている。(本当に涙が止まらない事が度々あった一年である)

総合的に見て今年度の生活&活動は評価できる内容と判断している。



1年前から今日までの活動及び生活のランダムな画像
IMG_1733.jpg
IMG_1747.jpg
IMG_2222.jpg
IMG_2224.jpg
IMG_2226.jpg
IMG_2313.jpg
IMG_2808.jpg
IMG_2316.jpg
IMG_2358.jpg
IMG_2361.jpg
IMG_2368.jpg
IMG_2386.jpg
IMG_2741.jpg





特別報告:年内にミナのブログ(日本語)を配信させていただきたい。
彼女の勉強と将来の人間関係構築のために、と考え実施したい。
もし不要の方は当方のアドレスに連絡をお願いしたい。

当初、月1回程度を「ネパール通信」と一緒に配信し、
その後ミナのブログを分ける形になる予定。










では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2014/07/14(月) 13:40:26|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<1年ぶりの日本は・・・ | ホーム | わんぱく坊主はこうして出来た>>

コメント

知人から紹介されてやってみました。

ここに書くことを許してください。
小さい頃から食べるものにも困る生活をずっと続けていました。
そんなとき、ある人を知ってしまったんです。
お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
すぐに裕福になれる方法があります。
本当に知りたいという人は連絡してきてください。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
連絡してくれた人だけに、驚愕の秘密を教えます。
  1. 2014/07/23(水) 10:15:35 |
  2. URL |
  3. yamada #27Yb112I
  4. [ 編集]

驚くと思いますが、本当でした!

私の話になりますけど聞いてください。
母子家庭で3歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
でも、ある方法で私の人生は百八十度変わりました。
ただであんなにお金をもらうことができるなんて、今でも信じられません。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に助かりたい人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
  1. 2014/07/25(金) 03:48:18 |
  2. URL |
  3. 木場冬 #27Yb112I
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/225-8f5735a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード