ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

矛盾

6月25日(金) 天気:曇り 気温:24℃ 湿度:62%


はじめに、3日ほど前に当方の発信元として「変なメール」が配信された方々にお詫びしたい。
1年に1回はこうした理不尽なメール妨害に遭遇するが、負けてはいられません。
こうした対応も、PCの苦手な当方にとって大変な事でもある。


今回は、以前にもお伝えした事があるが再度、人が生きて行く過程で遭遇する幾多の「矛盾」についてお伝えしたい。
成績の良い子に・良い学校を出れば・大きな会社に入れば、などなど
親の目から見た子供の進路は「親の自分の行きたかった進路」であって、子供自身の選択ではないと言う事。

誰の人生なのか?
生き方を教える親は殆ど居ない。
親も知らない事は教えられない。(ごもっとも!)

なぜ?
難しくないのに?
ただ生きるだけなら。

昔なら
・「近所のみんなと仲良く」
・「弱い子をいじめちゃダメ、みんな一緒に遊んで」
・「遠くへ行ってはダメ」
・親が「うちの子を叱ってやってくださいね!」

こんな事を言って、子育てが出来た時代もあったが・・・・
「ただ、みんなと生きるだけ」ではいけない、現代社会に「違和感」を感じる。
ここで言う「みんな」とは老人・障害者を含む「弱者」と言われる人たちをも含めてのことである。

「自分の子供だけが良い子」になるために「親が教える勝ち組の方法」
「他人を敵視する子供を育ててる」・「他人と比べる子供を育ててる」
こんな育て方で、本当に望んでいる住みやすい社会が出来るのだろうか?
全て他人の責任にして、自分の生活は何も変えずに社会が変わる訳が無い!

ネパールの人々と全く変わらないではないか! 
先進国と言われてもただ文明がちょと発展した社会だけでは、本当に情けない!恥ずかしい!

子供も自分の進路を12歳や15歳で決めていた時代とは異なり、20歳になっても、
30歳や40歳になっても「本当にやりたい事」が見出せない方が実に多い。
だから親の目での選択になるのだが、果たして良いのか悪いのか?

仕事は生活の糧を得る目的であり、やりたい仕事とは違う!と言う事を理解して欲しい。
やりたい事とは一種の「趣味?」のようなもので、一生続けて行けるもので生活の糧を得るためではない。
やりたい事と仕事が一緒の場合は極めて少ない。
「芸術家」などがそれであろう。

それは、数学の1+2=3のような社会であれば何の問題も無いのだが、
答えが「人によって・会社によって」異なる現代社会では、迷うのが当然とも言える。
しかし、これを乗り越えないと先へは進めないのも事実で、あまりにも多くを、子供たちに要求する親が多いのにも驚く。

「元気な子に育ってね」これだけで十分であろう。
どれだけ文明が進化しようと、人の本質は変わらない。
「死に向かって一生懸命に生きる」これだけである。
だから、如何に生きるかが問われるのである。

現代社会は「無菌状態」でないと安心出来ない方々が多すぎる。
病院の無菌室で育った子供たちならともかく、通常の健常者である。
多少のばい菌は抵抗力を付けるのに役立つ。

でも「自分の身体」を無菌状態にしたら「大変な事」になる。
つまり、人の身体は「菌の塊」と言っても過言ではない。
(お腹には沢山の菌が人の健康維持のため活動してくれているのである)

また、何十兆もの細胞は「毎日変化?」して「一生懸命」に生きる協力をしてくれているのである。
だから、「アクティブ」に物事を考えないと「細胞に申し訳が無い」事になる。
「ネガティブ」な考え方は「細胞の活性化を否定」する事となり、最終的には身体や精神を蝕む事になるのである。

「矛盾」の最後に一言。
分け合えば余るのに「奪い合う」今の社会・世界は間違っている!
途中半端な進言となったがお許し願いたい。 (もっと一杯言いたい事があるが・・・)





雨季の様子、僅か3時間での変化IMG_2858.jpg
IMG_2860.jpg
IMG_2862.jpg
IMG_2863.jpg
IMG_2865.jpg






「新銀杏旅館」の最新の建設状況IMG_2868.jpg
IMG_2879.jpg
IMG_2880.jpg






では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2014/06/25(水) 12:54:46|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わんぱく坊主はこうして出来た | ホーム | 老老介護:介護って誰が誰を「介護する」のがいいの?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/223-1d4e1509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (319)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード