ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

老老介護:介護って誰が誰を「介護する」のがいいの?

6月16日(月)天気:うす曇り 気温:25℃ 湿度:65%


ネパールでは有り得ない問題を、ここでの生活実態を透かして日本の現実を見つめてみたい。

【老老介護とは「非人間的」な生き方ではないだろうか?】
年齢の近い夫婦では、どうしてもこうした形になるのは否めない。
ではなぜ、こうなってしまったのだろう?
言わずと知れた「核家族化」である。
近くに居れば通うことも可能とは言え、徘徊のような介護者は無理である。

それによって事故が発生し、列車の遅延保障をめぐる裁判は妻や息子への賠償を求める判決で、
こんな問題は日本には「山のようにある」が、ここネパールでは考えられない事である。
日本でも40~50年昔には「老老介護」になるとは、誰もが考えなかった事であろう。

ここネパールでは、もし子供が居なくても独居老人であっても、周りの人が面倒を見る。
それも出来なければ、山村では個人の家が引き取り面倒をみる。
カトマンドウのような街では、パシュパティナートのような「マザーテレサの館」などへ行く。

こんなネパールでも公的施設があるのに、なぜ日本のような先進国には?
全て「お金」で動く社会になり、相互共済・コミュニティーソーシャルワークと言ったものが、
言葉だけの存在になっているのではないだろうか?

今からでも遅くない。
昔のような「家族体系」の生活に戻すべきである。
親子・孫・祖父母の居る家に・・・・・・
でないと、多くの物理的な不合理や、精神的苦痛がますます多くなるばかりである。
時間は掛かる!
でも今からでも始めなければ、明るい日本の未来はないような気がする。


さて、私事ではあるが「新銀杏旅館」の建設工事進捗状況をお伝えしておきたい。
地上階と1階部分を建設中であり、後2週間ほどで支えている柱を外し内装工事にも着手する予定である。

大体1階作るのに1ヶ月を要するが、地上階では2ヶ月ほど掛かった。
完成までには後、3ヶ月はかかる予定で、出来上がった所から使って行く形になる。

今年度の帰国は7月17日~8月6日までとした。(約3週間の日本である)



IMG_2235.jpg
IMG_2241.jpg
IMG_2242.jpg
IMG_2252.jpg
IMG_2265.jpg
IMG_2266.jpg
IMG_2273.jpg

IMG_2678.jpg

IMG_2680.jpg
IMG_2693.jpg
IMG_2706.jpg
IMG_2714.jpg
IMG_2782.jpg
IMG_2786.jpg
IMG_2787.jpg
IMG_2791.jpg
IMG_2794.jpg
IMG_2799.jpg
IMG_2801.jpg
IMG_2803.jpg
IMG_2846.jpg
IMG_2850.jpg
IMG_2854.jpg




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita





















スポンサーサイト
  1. 2014/06/16(月) 18:01:11|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<矛盾 | ホーム | ラスミちゃんのアルバイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/222-96f8d7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード