ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「今やらねばならない事」と「今出来る事」

5月18日(日)天気:晴れ 気温:27℃ 湿度:42%


今回は、残された時間(命)に「すること」を確認する意味で記載してみたい。

ここネパールと言う極貧国に住んで10年、初めて来た1970年代から
数え切れないほどネパールの山に「のめり込んだ」人生であった。

共に活動した仲間もそれぞれ高齢化してきた今、「人としての生き方」をするために
「どんな目的」で「何」を「やらねば」ならないのか?

私たちの支援活動を、現地で支えてくれた「ミナの兄弟や両親、親戚」の方々の協力なくして
ここでの活動など有り得ない。
もちろん、日本における支援者のみなさんや「妻」の協力あっての活動である事は言うまでもない。

ネパールの子供たちに、学校へ通ってもらう活動は「命ある限り」続ける。
これは私一代の仕事であり、他の方々にお願いするものではないと認識している。

以前から、ネパールで仕事を見つける事は至難の業であり、自分たちで企業するのが確実であるが、
「お金」が無ければ無理である事はお伝えしていたが、「もう10年」である。
具体的な行動が必要になって来ている。残された時間が???

今の私に5人の子供(ミナの兄弟)の就職先を見つけられなければ、作る以外にない。
それが、「新銀杏旅館」である。
ここでの現金収入で、ミナの家族が生活できるようにするのが最も早い方法であろうと考えた。

幸い、ここでの生活が5年ほどの間に「ネパールに銀杏旅館あり」との認識も広まり、
ネパール人やヨーロッパのみなさん、もちろん日本の方々にも何とか行き届いてきたと考え、
今まで「支援活動の情報交換の場」として来たものを「正式に営業」を目的に運営する決心をした。
「支援活動の情報交換の場」はそのまま私の目的で実施するが、
収入は子供たち(ミナ兄弟)の生活費に出来るよう営業を開始するのである。

まだまだ、子供たちが全てのマネージメントが出来るまでには至っていない。1~2回の失敗(赤字)は覚悟している。
多少の埋め合わせは、しなければならないだろう。

旅館経営のために、子供たちにはそれぞれに担当の仕事をしてもらうべく準備も進めている。
ミナは銀杏旅館の総合マネージャーとしての管理者に・・・

パトネは旅行会社の運営と銀杏旅館のコーディネートをしながら、
建物のメンテナンスや維持管理を(お嫁さん一緒に)・・・
現在は離れ離れに生活しているが、これでは結婚したのに???である。

旅館管理をしてくれればいいのだが、村にも仕事があり無理がある。
もし、ラムチェ村での問題(彼女の仕事)が無ければ、ここでやってもらうしかない。
この時の位置づけが(問題)でもある。

パトネのお嫁さんには、銀杏旅館での仕事をしてもらわない方向で動かないと、トラブルの原因ともなる。
結婚した弟夫婦とミナの関係では、当然弟夫婦が主たる経営者とみなされるネパールである。

サロジは軍隊に行きながら、他の兄弟のする仕事をフォローし、
退役(15年後)は銀杏旅館や旅行会社またはこれから作る会社の仕事に従事する。

ラスミは銀杏旅館でのサブマネージャーとしてコックを主に旅館を支えてもらう。
(もちろんお嫁さんに行っても来てもらえるよう)

アシスはこれから高校進学であるが、技術系の学校に行けばまだまだ将来幾らお金が必要になるのか分からない。
旅館での収入で学校に行ければいいのだが・・・

この他にも、2~3の「仕事」があるが、この場では紹介できるまでになっていないため割愛させていただき、
随時報告させていただく事としたい。

別件ではあるが、来週からいよいよメールダラでの学校改築工事に着手する事とした。
雨季がはじまる前に建設機材を運び込まないと、雨季の終わりには完成できない事情もあり、
多少焦りもあるが昨年の雨季での行動を考えれば「やるっきゃない!。」のである。





今が盛りのジャカランダの花IMG_2710.jpg



街のゴミ
IMG_2708.jpg



幸せの青い鳥
IMG_2707.jpg



新銀杏旅館の建設状況(これで夏ごろまでに出来る???だってネパールだもん)IMG_2706.jpg
IMG_2714.jpg
IMG_2715.jpg










では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










スポンサーサイト
  1. 2014/05/19(月) 09:31:32|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メールダラへの建設機材の搬入&心の中の「驕り:おごり」 | ホーム | 十年経っても直らないマインド・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/219-2739057d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード