ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

十年経っても直らないマインド・・・

5月8日(火)天気:曇り 気温:20℃ 湿度:58%


はじめに、先般の当方の入院騒ぎで多くのみなさんにご心配をお掛けした事をお詫びしたい。

5月4日、退院から2週間経過した時点で再度検査を受けるため、病院に行ってきた。
エコー撮影(ここではビデオXレイと言う)を撮影して肝臓疾患の部位と状況を確認のためである。

右肺の状況は、まったく問題なく回復しているとの事。
ただ、この機会にせっかく止めている「喫煙」を再開するのは惜しい気がするのと、
多くの友人から禁煙を勧められている現状を考えれば、年齢的にも当然「止める」べきであろう。

今回のエコー撮影でCTスキャンの結果分かった、
肝臓疾患に「特に問題ない」との医者の判断であった事は幸いであった。
しかし、半年に一回は「肝臓に出来ている水ぶくれ」の大きさをチェックする事が慣用との事。
まずは一安心であった。


さて、本題に入ろう。
ここに住んで十年、「ミナたち」に教えてきた生活習慣について、お伝えしたい。
ちょっと「愚痴」かな?

ネパールに来られた殆どのみなさんが、なぜ?と驚く事の多い国であるが
外国の方々を相手にする仕事では、どうしても「守って欲しい」生活習慣が数々ある。

一つには「何処でも吐き出すタン」とその出す時の「ゲーゲー!」と喉を鳴らす音?は
外国人にとって「我慢ならない音」の一つであろう。
だから、銀杏旅館でも「敷地内」ではしてはいけない!と教えてあるが、洗面所などでは、必ずと言っていいほどやる。
まだ洗面所だけならいいが、庭にもタンを吐くから始末に悪い。
ネパール人のお客も然り。

さらに、ネパールのカトマンドウ郊外のどこのレストランでも同じだが
「カーテンは手ぬぐい」と同じ役目である事から、手ぬぐいは別に下げておくのだが使ってもらえない。
従って、カーテンを止めて「手ぬぐい」だけにするが、これも使って横に置くだけで、元の位置に掛けて置かない。
だから、手ぬぐいを何時も探さねばならない。
日本から持って行った「のれん」も同様!(手ぬぐい同様の扱い)
根気よくやるしかない。

彼らの(子供たち:ミナの兄弟たち)寝る時の服装は、昼間の服装と同じで、そのまま「ふとん」の中に入るし、寝る。
着替えが無いわけではない。
寝具もすぐに汚れる。
風邪は何時も引く。
だから日本から持ってきた「風邪薬」は瞬く間になくなる。

朝起きても、そのまま顔を洗って右手で拭き取って終わり。
まだ雫が付いている状態である。

出かける時にシャワーを浴び、化粧をするため時間が掛かる。
これは男も女も同じである。
深夜12時以降でもをシャワー浴びるが頭は乾かないため、
一層風邪を引く原因になる。

停電の多いここでは、「昼行灯」は何時もで、誰も居ない部屋でテレビと電灯だけが点いているのは、
ほとんど毎日である。
消して回るのも嫌になるが直らない。
現在、電源の集中管理方法を検討中。

「ほうれんそう」つまり報告・連絡・相談は一切ない。
全て事後である。
お金の必要な時だけ、持って行く直前に言って来るから始末に悪い。
出かける時も同様で、突然「ラムチェ村へ帰ってくる」とか、反対におじさんの子供や友人を連れて来て、
狭い布団で一緒に数日間過ごす。
そして、黙って帰って行く。

これはほんの一部(僅か数%)であり、数え切れないため全てを記載できない。
これとの格闘の毎日であり、
そんな中で銀杏旅館の改築工事やメールダラでの活動と学校の改修工事も進めなくてはならないのである。
「古ぼけた頭」でも動かさないと全く機能しないのが現実である。
やはり「愚痴」になってしまったが、ご容赦ねがいたい。





カトマンドウで撮影したジャカランダの花IMG_2689.jpg
IMG_2696.jpg
IMG_2690.jpg
IMG_2695.jpg
IMG_2698.jpg




ビルに描かれたユニークな絵IMG_2687.jpg




ラスミとアシスの日本語の勉強風景
IMG_2682.jpg








では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita









スポンサーサイト
  1. 2014/05/09(金) 09:49:16|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「今やらねばならない事」と「今出来る事」 | ホーム | 「入院させていただいて」はじめて見えたもの・・・(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/218-ea09a7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード