ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「入院させていただいて」はじめて見えたもの・・・(Ⅱ)

4月28日(月)天気:快晴 気温:23℃ 湿度:32%


今回は前回の「緊急入院」で「はじめて見えた」ものについてお伝えしたい。

はじめに、前回の「ネパール通信」でドリュケル病院でのCTスキャンの料金が
7000Rsを700Rsと間違った金額を記載したことをお知らせして訂正し、お詫びしたい。


・一つには、子供たちの「自立」のために「家計簿」を付けさせて、
月の予算45000Rs何時でも自由に使えるようにしたが、
私の入院で急に自分たちで「自由」に出来る時間が出来て、結果浪費。
何処に幾ら使ったのか分からない状態であった。
愕然である・・・・

私の留守中には自由に買い物をし、飲み食いしていたが、帰ったその日から「無駄使い」がいっぱい露見。
これでは、「財布」は自由にしてやれない事となった。(何時かは渡さねば・・・)


・もう一つは病院内での「携帯電話」である。
これは、ドクターからナースや患者に至るまで、大きな音の音楽で自由に使っているのである。
深夜の病室に「けたたましく」呼び出し音楽が鳴り渡り「安眠妨害」もここまで来ると、犯罪に近い感じがする。


・さらに、夜寝る時には居た「患者」が夜中に「脱走」して、いない事もあった。
お金が無いため、薬が買えず仕方なく夜逃げをするのである。


・かと思えば、お金の無い母親が「赤ちゃん」を産んだので「寄付金」を集めている、
幾らでもいいので出してやって欲しい。と寝込んだ午後9時ごろに病棟に入って来て募金活動がはじまり、
それに伴って患者の中からいろんな出産の苦労話が飛び出し、結局12時近くまで話込んで眠りについた。


・翌日、ミナが同じ付き添いをしている女の子と友達になり、その父親はお金が無いので、
食事も満足に出来ない。と話し出して私に助けてやってくれないか?との事であったが、きっぱりと断った。
こんな所(病院内)で支援活動をする気持ちは、全く無いからである。

冷たいかも知れないが、私の対象とするのは「シンドパルチョーク」の子供たちで、
他の地域は対象としていない。
でないと、西に東に飛び回る事となり、交通費(自腹)がかさむだけで実にならないからである。


・病院の大きさ、これはネパール全土の病院中でも群を抜く規模で、現在もまだ新しく病棟を建設中であり、
大自然の中にあってすばらしい環境である。

・ただ、セメントの建物はCTスキャンなど高価な医療器械を入れるのはいいが、患者にとっては「寒い」の一言である。
勿論ACなどあるはずもなく、これから夏に向うのにこの寒さでは冬場は大変であろうと推察。


・病院食は何処でも同じだが「まずい!」
仕方なく、門の外にあるレストランから買ってくるのが常になった。
でも、1泊2食で400Rsの入院費用では「こんなもんか」と諦めるより他ないのである。


・在庫管理にも問題が分かった。
留守中の食材や食器類に欠品が生じた場合、日本であれば直ぐ補填する行動をするが、
ここでは「「お客さん」が居ないから大丈夫!と補填を全く考えないのである。

お父さん!お客さんが来てから買いに行けばいい。と言って取り合わない。
結果、お客さんが来て欠品を手配しようと「あわてふためく」が入手できず、
メニューを変えての対応を余儀なくされる。
それも、彼らネパール人には問題ではなく、お客が諦めてくれればOKなのである。


これでは、事業の発展は有り得ないと考えるが、先が思いやられる。(トホホ・・)
こうした中、4月25日にはサロジ君がネパールの軍隊にパス!高校を出ての入隊はほぼ幹部候補生との事。
(悲観ばかりではなさそう・・・)






いよいよマンゴーシーズン到来IMG_2673.jpg
IMG_2676.jpg





エベレストでの遭難記事IMG_2671.jpg
IMG_2672.jpg




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 19:02:20|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<十年経っても直らないマインド・・・ | ホーム | 緊急報告 「入院させていただいて」はじめて見えたもの・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/217-355e210d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード