ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

選挙

11月1日(金)天気:星なし 気温:18℃ 湿度:60%


今回は、乾季を迎えるここネパールでの日常生活で「困った」問題を幾つかご紹介したい。

以前の「ネパール通信」でもお伝えした通り、政府の方針で道路の拡張工事が始まって足掛け3年を迎える。
さらに、首都カトマンドウから東へ伸びる「国道」も、現在はバクタプルで止まっているが、
近日中に中国の国境まで続けられる。

この間、我々の支援部落への移動が困難になる事も考えられ、憂慮している。
確かに「物流」は容易になり物は移動できるが、多くの山村では何の恩恵も受けず、
道路沿線の店舗が多少増える程度で肝心の「お金」は首都圏と交易業者のみが潤う事となる。

さて、主題の「問題」である。
工事はほぼ確実に実施されるが、何時終るのか?分からない。
この間、沿線の木々は「真っ白」になり、多少の自然破壊にも。

この「埃」が大変な埃で、100m先が見えないほどになるから始末に悪い。
住民たちは、家の前に貴重な「水」を撒くが、効果は極めて少ない。
こんな状態で観光シーズンを迎えるのである。

観光客はカトマンドウに留まる事を避け、ポカラやルンビニーと言った場所へ移動。
それでも若いトレッカーには人気があり、
夜遅くまでタメルの町(日本の新宿のようなところ)で遊ぶ姿も見られる。
私にはとても出来ない。

1日カトマンドウを「うろうろ」していると、「鼻の穴」が真っ黒になる。
もちろん、車の「排気ガス」もあるが、殆どは「埃」である。
こうした環境の中「憲法制定委員の選挙」が11月19日に実施される予定。

ネパール全土にそれぞれの「政党」の旗が立てられ、個人の家でも取り付けられる。
11月10日から「ネパール全土」でストライキが計画されていて、観光客には困ったことである。

では、なぜストライキが行われるのか?
以前2年前にも、憲法が制定されかけた???
だが、国民全体の「指針」とはかけ離れた「憲法」で極少数の民族のみの「利権」を優先した内容であり、
多くの民族の猛反対に合い敢無く「頓挫:とんざ」した。

今年のティハールが終われば、多くの新しい「法律」が出来るとの情報もあり、
現在「銀杏旅館」を経営?している私にとっても「資本金の額」などの影響が出てくる(ビジネスビザ取得時)
可能性もあり、結構厳しいものが予想されている。





国道に立てられた各政党の旗IMG_1774.jpg
IMG_1776.jpg
IMG_1777.jpg


個人の家々に立てられた政党の旗IMG_1772.jpg
IMG_1773.jpg


テハールのお祭りの準備で賑わうアッサンバザールIMG_1778.jpg







では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita









スポンサーサイト
  1. 2013/11/01(金) 20:47:07|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひと時の休息 | ホーム | 人の試練なのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/198-02bae5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード