ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

今、一人の命が逝く【番外編】

10月22日(火)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:60%


今回は、ここネパールにおける「命」についてお伝えしたい。
以前にもお伝えしたが、ここネパールにおける「命の値段」は極めて安い。

今朝8:30ごろ(10月22日)もカトマンドウの病院「ビルホスピタル」の歩道に
一人の男性が横たわっていた。

カトマンドウでの仕事を終え帰路に着こうと病院の横を通ると、今朝は歩道に寝かされていた男性が、
道路に移されて寝ていた。(12:30ごろ)
大勢の通行人が「覗いて」いるだけで、何も出来ない。

2~3分見ていたが、持っていた小銭を横たわる男性のポケットに入れてあげた。
すると4~5人のネパール人も10~20Rsをポケットに入れだした。

警官が来て「病院の歩道へ移せ」と言ったが、「さっき病院の人がここに移した」と言うと、
警官は「もう長くない、このままでいい。」と言って去っていった。

その直後、ちょっと「痙攣」したかと見ていると「ガック」と首が倒れ亡くなった。
お金の無い病人の家族が、病院の歩道へ置いて行ったようである。
とても一人では歩ける状態ではない病人である。

命ってなんだろう?

人の死ってなんだろう?

大きな出来事でもないのだろうか?




今朝のビルホスピタル前の様子IMG_1749.jpg
IMG_1750.jpg





では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2013/10/22(火) 18:46:08|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人の試練なのか? | ホーム | フェンス&水道工事の報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/196-8511377a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード