ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

日本の憂い?

8月1日(木)天気:晴れ 気温:34℃ 湿度:?


今回は、一カ月ほど滞在した日本で感じたことをお伝えしたい。
サウナのような蒸し暑さの続く日本では、さまざまな問題が山積している。

日本のはじめは、「信州の古い友人」との懇談から始まり、多くの自然派の方々との楽しい時間を過ごした。
森のオゾンを胸いっぱい吸い込んで、緑の田園風景や高原でのひと時は、生きている幸せを実感できた。
さて、本題に入ろう。

日本の将来を担う「若者」たちが、自分の将来を「見捨てる?」
進学しても先の無い子供たち?
卒業しても就職出来ない子供たち?
誰が子供たちの未来を奪ったのか?
私たち「大人」であることに間違いない。

近隣諸国から、多くの挑発を受けている日本ではあるが、
「大人」の外交で解決していただきたいものである。

さらに、日本の食事の、9割りが「農薬汚染」された食材?でつくられている現実。
食パンなどは3~4日も放置していても「カビ」さえ生えない。
これは「大変な事」だと言う事を理解していただきたい。
ネパールでは今の時期、2日も放置していたらすぐに「カビ」が生える。

同様に農作物を作っても「種」さえ取れない「遺伝子組み換え」が実施された野菜類・穀物類。
毎年「種子」を購入しなければ、作物が作れない状況が来ている。
全てアメリカの種子メーカーからである。

種子価格は毎年高騰するが、買う事を止められない日本。
自由貿易による、「日本の農業」の衰退?は明白。
最低限の安全な食品は、「国として確保」して欲しいものである。

数多くの原発に囲まれた日本列島?
最後は「誰も住めない日本」が存在するだけである。

パンドラの箱を誰が「元に戻せる」のか?
誰も戻せない!
誰かが「救って」くれる事を待っている人々。
「希望」だけが、「神頼み」だけが仕事になる。

ネパールでは多くの人々が毎日「神頼み」である。
この貧困から抜け出るために・・・・
それと、全く変わらない「日本」の現状である。

衣食住の内、最も重要なものは「食」であろう。
その「食」が農薬汚染・遺伝子組み換えによる弊害が出てくる前に「食い止め」なければならない。
でも自由化が進めばそれも出来ない。
各自が「プランタン」で作る野菜程度では、「食の安全」は守れない。

日本を発つ前に「感じた」事を記載したが、
それぞれの心の中に「刻んで」いただきたいと考え掲載した。

決して日本を見捨てない!遠くに居るから観える事を伝えていきたいのみである。 







IMG_1313.jpg
信州の高原にてミナとかくこさんと「てるてる坊主」







では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita












スポンサーサイト
  1. 2013/08/01(木) 11:30:26|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありがとう! | ホーム | 「神頼み?」その前に。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/186-5ccde104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード