ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

2013年前期総括

6月29日(土)天気:曇り 気温:24℃ 湿度:62%


今回は、7月15日から一時日本へ帰国するにあたり、昨年9月から今までの総括をお伝えしたい。

はじめに、今期のメールダラ訪問は合計で8回の訪問となりベルギーの仲間や日本のみなさんにも来て頂き、
延べ人員17人にもなった。

特に今期はテレビ朝日・テレビ東京と言った取材もあり、
多くの日本のみなさんに「メールダラ」の存在と子供たちの現状を知ってもらう事が出来、
今後の活動の「活力」に繋がった事は大きな進展である。

さて、最終回(8回目)のメールダラ訪問時までに、
「新たな子供たち」10名が「学校へ通ってもらえる」事となり、
合計で27名の子供たちが「通学」してくれる事は「大きな成果」と考える。

一人ひとりの「親や子供」との話し合いから導き出した「人数」は極めて「重たい」ものがある。
この「説得から学校へ通ってもらうまで」の間が「私の目的であり仕事」でもある。

この時の村人や子供たちとの話し合いの時、多くの家庭事情が得られ「自分磨き」が出来るのである。
さらに「支援」が決まっても学校へ来られない環境であれば、再度「話し合い」に出かける。
これも「自分磨き」である。

簡単ではない「説得」、これこそ「もし学校に来ない子供が、自分だったら」と立場を変えて考え
「自分を鍛える」事ができる。

ただ、この小学校では「水道設備」が不備で、我々が行った時だけ、
遠くからパイプでタンクに入れてくれていたが、通常ではない。
従って、授業中でも「喉の渇き」があれば往復20分もかけて「水場」まで行き飲んでくる始末。
これでは「勉強に支障」が出ることは明らか。

さらに、この小学校では以前の「通信」にも記載したが、カーストの違う子供たちが一緒に勉強しているため、
ロアーカーストの子供たちとミデアムカーストの子供では「食事事情」が異なり、
授業が始まって1時間もすると「お腹を空かせた子供たちが一斉に「水場」に走る光景を目にする。

聞けば朝食も無く学校へ来て、10:00~15:30まで水以外、何も口にする事無く、
4歳~10歳の子供たちが「がんばって」いる。
(年齢が合わないのは、就学年齢が来ても学校へ行かなかった子供たち)ある。

授業中「寝てしまう」子供も多いが先生が「歌」などで優しく起こすのを見て、またまた「どうする!」と思案。
これはロアーカーストの子供たちである。(詳細はネパール通信を参照)

学校を休んでいる子供たちは、親は仕事に出かけ、子供たちだけで山に食い物を探しに出かけているのが殆どで、
やっと見つけた子供の、「穴掘り」をしている現場へ出向き
「学校へ通って」とお願いした自分に何とも言えない「恥ずかしさ」さえ覚えた。

なぜ「穴掘り」か、と言えば「蔓:つた」の下にある「芋」を掘っているとの返事。
(季節によって収穫するものが変わる)
それが彼らの「食事」となる。

チュラやディロなど「とても口に出来ない」ロアーカーストの子供たちを見るにつけ、
「どうする!すじた!」が頭をよぎる。
(チュラ:米を潰して乾燥したもの・ディロ:とうもろこしの粉をお湯で練ったもの)

問題は2つ、一つは「水場」、もう一つは「カジャ:昼食」であることは明白。
学校へ通ってもらうための「高いハードル」が出現。
しかし「やらねば」ならない!

私たちはこの2点の問題を解決する方向で検討に入った。
ミナやパトネは「水場:飲料水」の確保を優先した方が良いと考えている。
私は「お腹を空かせた子供たち」を考え「カジャ:昼食」の配布を考えた。

二つを同時にやる「予算」はない。
来期はどちらか一つである。

もちろん、27名の子供たちの学校に必要な「文房具や制服・かばん・スリッパ」などは当然の話である。
二者択一を迫られ、思案すること1週間、ベルギーの仲間から
メールダラの学校に「フェンスを作るお金をネパールに送った」との連絡があり、
初めて「もう一つの仕事」がある事に気づく。

ベルギーの仲間たちは年末にしか来られない。
その前に「フェンスを作るのは私たち」である。

「マハデップタハール村」でのソラーシステムの設置も忘れてはならない。(今年11月中旬に設置)
8月に戻って、すぐにも着手しないと時間がない。





宿泊先の民家で、私の帽子が気に入って「遊ぶ」子猫IMG_3320.jpg
IMG_3325.jpg
IMG_3322.jpg






では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 15:07:43|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ネパール出国直前 | ホーム | 職業選択の自由>>

コメント

さつまいも

さつまいもを学校で育てるのはいかがでしょうか。日本支援による肥料をつかってもいいし、米ぬかで作る液肥でも作れます。
蔓は兎にやりましょう。兎は勝手に子を増やします高タンパク低カロリーです。

ただネパールには畑ネズミがいるから三割ぐらい収量は減りますが、さつまいもはコストパフォーマンスが最高です。
  1. 2013/10/24(木) 16:50:41 |
  2. URL |
  3. パーフェクト農民 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/183-9b9266a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード