ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

再び「驕り:おごり」【番外編】

5月22日(水) 天気:曇り後雨 気温:22℃ 湿度: 68%


今回は、初心を見失わないために再び「驕り」を取り上げた。

奉仕活動(ボランティア)で一番大切な事、それは「見返りを求めない」事であり、
「驕り:おごり」が現れるのは「してあげる」とか「やってあげた」など
「あげた」とつながる言葉が出てきた時である。

うまく行かない時は「自分の責任」と考えるのが正しい。

極貧カーストのパハリ・カミ・サルキー・ダマイと言った人々の生活実態を見るにつけ、
「どうすれば改善」されるのだろうかと考え、行動に移す前に対策を四苦八苦、
「ミナやパトネ」と議論を重ねた。

自分だけの手に負えないが(給食の問題)「出来る事は」無いのかを考え、
その段階で「驕りがないか?」も同時に反省する。

我々の活動は「してあげる」活動ではなく、その反対に「させてもらう」活動である事を
常に念頭に置く事こそ「間違い」を起こさない活動となり「続けられる」活動になると確信している。

学校へ通ってもらう活動は、単に「学費」が無いだけではない。
生活や健康、さらには家庭環境にも大きな問題があり、
それらが解決して、はじめて「学校に通ってもらえる」のである。

「学校が嫌いな」子供には説得が可能であるが、「学校が好きだけど、食べものが無い」、
また「学校は好きだけど身体が弱い」ため通えないし、お金もない」など家庭ごとに異なる理由が存在する。

活動は一点一様の対応にならざるを得ないが、民族性を考慮して動けば直ぐに拒まれる。
(つまり差は付けられない)

もっと困った事に「民族によっては豚・山羊・牛」などの肉が宗教的に食べられない事も分かった。(鶏はOK)

今の支援部落(メールダラ)では、一つの学校に細かく言えば5つのカーストの子供たちであるが、
ミディアムカーストとロアーカーストに分ける事が出来る。

学校に通えない子供の中には少なくとも3つのカーストの子供たちが居て、
ミディアムカーストの子供とロアーカーストの子供が入り混じっている。

そんな環境の中で行う活動は、「同じ目線」で話し合わねば、一人として学校へは来てもらえない。
普通の家庭の子供も、貧困家庭の子供も、同じ対応が必要である。

「ミナやパトネ」にも考えてもらい、子供たちの昼食(おやつ)の問題(予算的に)を
「学校に通ってもらうために」検討中である。

もしここで「やってあげる」とか「助けてあげる」とかの感情が
微塵でも村人に感じ取られたら「アウト」である。

話し合いにならないばかりか、「むちゃくちゃな要求」をされてしまい、「こそこそと引き上げる」以外にない。
私たちは「謙虚」であり、「同じ目線」で「活動をさせてもらう」努力が欠かせない。

今回は「自分に言い聞かせる」ための「通信」であった事をお詫びしたい。






この季節最後のジャカランダの花(南側のリングロードにて)IMG_1138.jpg





では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 21:40:56|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本物とは何?偽物とは何? | ホーム | 今、子供に必要な栄養素「必須アミノ酸!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/178-785d857e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード