ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

どうすればいいのか?!

5月11日(土)天気:快晴 気温:22℃ 湿度: 55%



今回はメールダラでの「子供の家庭環境」の問題についてお伝えしたい。

昨年、17人の子供の支援を決めて約半年が経過した。
しかし、家庭環境の都合で「学校に通えない」子供が居ることが分かり、さっそく訪ねて行った。
その子供は「カミ族」の子供で「加治屋さん」が主な仕事であるが、
全ての「カミ族」が「加治屋さん」ではない。
多くは山に住む「小作人」である。

家にはお父さんと兄弟が居て、(お兄ちゃんは学校へ通っていた)弟に「なぜ学校に来ないのか?」と聞くと
「家に食べ物が無く、山で探してきて食べている。だから学校に行けない。」との返事であった。

お父さんに「なぜ子供たちの食べ物が無いのか?」と聞くと、
家には半月分の食べ物しか採れない、だから他の畑(他人の畑を助けて作物を分けてもらう)で
労働する以外方法がない。朝早くから家を出て畑に行くため、
「子供たちが学校に行ったかどうかは分からない」との返事であった。

IMG_1066.jpg    右側が「学校に来なかった」子供。右側はお兄ちゃん


家の中には「道具らしい」ものは殆どなく、ただ汚れたせんべい布団が手製のベッドに敷かれているのみ。
何ともお粗末な寝具であった。

とにかく、明日は学校に来てほしい旨伝え、学校に戻るも「気が重い」帰り道であった。
お腹を空かせた子供に「勉強が大切だから」と言えるほど「本当に勉強は大切なんだろうか?」

そうではない!
先に空腹を満たさなければ!
正に「背に腹は」代えられない。

しかし、その子供だけとはならない。

貧富の差はあれ、全ての子供に食べてもらわねば「差」を作ることにもなる。
給食となれば全員対象である。
一人30Rsで42人が1か月となると33000Rsが毎月必要になる。
予算は無い!

「どうする すじた!」自分で決断するしかない!
考えている今も「子供たちは空腹」を抱えている。





やめてくれ! を幾つか紹介したい。
今回はラムチェ村からSLCを終えて(合格非合格は6月に分かる)
「銀杏旅館」に来た「ラスミちゃん」を紹介しながら、
ミナの兄弟4人との生活実態の中で「危なかった!」と感じた事をお伝えしたい。

*自動炊飯器の中の「お釜」が・・・洗濯用に・・・・
 ある朝ベランダでコーヒーを飲んでいると、
 ラスミが自動炊飯器の中のお釜を持ってバスルームへ入って行った。
 ラスミに「お釜を何にするのか?」と聞くと洗濯に使うと言うではないか。
 やめてくれ!

*中華包丁が・・・・・ナタの代わりに・・・
 庭に「バラの木」を買ってきて植えたが、頭が重いため垂れるため「添え木」が必要となり、
 ラスミがキッチンから中華包丁を持ち出して、近くにある木を伐り始めた。
 やめてくれ!

*九谷焼の「湯呑が」・・・・ヘナ(毛染め)の器にされて・・・
 日本から「ゆとりが出来たら使おう」と持ってきた「湯呑茶碗」を持ち出し、
 片方の手には「ヘナ」の毛染めの箱を持って庭をうろうろしていた。
 そのコップをどうするの?と聞くと、これから「頭の毛染め」をするとの事。
 やめてくれ!

*ステンレスのボール(丸い半球の器)が・・・お茶を沸かす鍋に・・・
 キッチンでお茶を沸かして欲しいと頼んだところ、ガスバーナにステンレスのボールが乗せられ、
 バーナに点火。
 やめてくれ!

*突然!親類の来客があり、(パトネのお嫁さんの親戚)困惑・・・
 事前連絡が何もない状態で、突然パトネちゃんのお嫁さんの親戚が訪ねて来て
 お茶や夕ご飯の準備とお話しに「蜂の巣」をつつくような忙しさになった。
 お父さんは2階にいて降りて来ないで!と言われ。
 俺は何なんだ!




IMG_1062.jpg




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2013/05/13(月) 09:21:38|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<今、子供に必要な栄養素「必須アミノ酸!」 | ホーム | 支援部落メールダラの現状 衝撃!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/17(金) 21:55:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/176-89efa05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード