ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ネパールにおける計画停電の実情

1月28日(月)天気:快晴 気温:12℃ 湿度:52%


今回は、ここネパールでの停電の現状についてお伝えしたい。

はじめに、山村部と都会(街)とは全く異なり、山村部では停電がない。
なぜなら、多くの電力を必要としないため年間を通して通電されていて、
山村では1軒に数個の電球とラジオやDVDプレイヤーぐらいで、
電熱器・洗濯機・ヒーター・冷蔵庫と言った家電製品が殆どないからである。

以前の「ネパール通信」でも記載した事だが、一部の山村(バラビシ)で発電所の施設(ダム)があるのに
「計画停電」を実施したため、村人たちが怒って「わし等のところで電気を作っているのに何で停電するのか!」と発電所の所長を村のトイレに1週間も「軟禁」。

結果、山村では停電しない「法律?不文律」が出来たそうである。
これはミナから聞いた話であるが、山村の誰もが知っている。
しかし、政府に「力の及ばない」地域では、未だに電気の無い生活を強いられているのが現実である。

さて、ネパールでの電力は全てが「水力発電」であり、一部の施設の電力は遠くインドまで送られ、
激安の価格で(ネパールでの半額)売られている。
この事は極めて矛盾しているが、やはり政治力の問題であろうか。

それはさておき、なぜ「水力」のみなのかと言えば「火力・風力」と言った設備には、
ランニングコスト(油代)やメンテナンスコストが大きく、とても採算が取れないからでもある。
山村での1か月の電気代は約80円位で、これでも高いと言って支払わない人々が多いとも聞く。

そんな「電気事情」と「経済事情」からここでのエネルギー産業が発展しないのも頷ける。
電気の需要と供給のバランスは「「経済的裏付け」があって初めて成り立つが、
それがないネパールでは政府の援助無くしては出来ないのである。
電気代を高くしたら「使わない」だけで、少しも困らない人たちがネパールの人口の9割にもなる。
ちょっと前まではランプと蝋燭の灯りだけで生活してきた人たちだけに、何ら困る事はない。

言い換えれば、電力の必要な人は「町で働く」商売人や事務所の関係者、
または観光業者やレストラン関係者くらいで、
国民の90%は「電気があっても無くても」何ら問題はないと言っても過言ではない。
それくらい必要性が感じられないと言うことである。

しかしである。
昨今のモバイルの普及やTVの普及により、少しずつではあるが
電力の必要な人々が山村でも増えてきているのも事実である。

今月1月21日からの計画停電では1日あたり14時間の停電である。
それも午前中と午後に分けて7時間ずつの割合で実施されている。
さらにこの停電は、ネパール全土の配電計画となっていて「地域毎」に分けられて計画停電となる。

そこで、この停電計画をいち早く知り「電気の必要」なものを集中的にこなす事が必要になる。
当然の事ながら我が家でも同様であるが、こうしたメール交信などは計画停電に関わらず
「仕事」として存在するため、インバーターを導入して対応しているのが現実である。
こうして今、原稿を書いている時も停電中である。

もう少し容量の大きなインバーターを購入したいが、
かなり高価(バッテリーとインバーターで6~8万Rs(円))にもなるため
PC用をメインに使っているのが実情である。(現在のものは総額4万円程度)

ただ、停電のある事が幸いしている事もある。
ミナや兄弟の部屋にはTVがあり、電気のある時には必ずONにしていて(見ていてもいなくても)
通電と同時にTVが動き出すため、深夜に通電があれば朝までTVは「つけっぱなし」になるが、
停電時間が長くなればOFFにするため無駄な電気を使わずに済む。

夜8時ごろの停電の時には点いていた電気のスイッチを消しておかないと通電と同時に深夜に点灯するため、
かなり神経を使って消しまわっている。
従って1か月の電気料金もこの季節(停電時間の長い乾期)は3割ほど安い。
通常1か月の電気料金は1000円程度である。

来週から新たにオファーのあった「電気の無い村」Dapcha Kavre(ダッツア・カブレ)へ出向き
「ソーラーパネルによる電灯」の設置作業と、ネパールの子供たちと日本の子供たちの
動画交信(スカイプ交信)の実現に向けた設備調査に入る。
これは愛知県の大須ロータリークラブのみなさんからの依頼による「ソーラーパネルの寄贈計画」を、
よりスムースに推進するための調査である。

今回は極めて日常的な内容になったが、
現在の日本のみなさんには「如何に節電が大切」なのかを理解していただく一助になればと記載した。

今年の一時帰国は7月15日~8月中旬。





我が家の近くの木に来た『タカ』の一種(名前は?ごめんなさい)
DSCF1703.jpg



我が家『銀杏旅館』からの展望
DSCF1695.jpg
DSCF1696.jpg




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 17:31:59|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ネパールにおける結婚とは | ホーム | ミナの家族と「珍道中?」(Ⅱ)>>

コメント

このタカは、多分ハイイロチュゥヒという鳥です。
  1. 2013/01/29(火) 17:06:24 |
  2. URL |
  3. オギノ芳信 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/167-b6a5deee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (319)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード